FC2ブログ
2019.03.17 新しい元号
4月が近づいてきました。
平成の次の新元号が何になるか・・・ネット上では様々、憶測が飛んでいます。
多分、それで賭けをしている人もいるでしょうね。
どこぞの企業が1文字目と2文字目の予想文字をアンケートで取って、それを集計して元号を予想しました。
それによると「安」が人気だという事です。
まあ、そんなのはてんで信用性が低くていけませんが・・・。
中には画数、既出頻度、組み合わせパターンなどなどから本気で予想しているサイトもあります。
ただ、結局、最終予想案は何も表明していません。
仲間内などで本気で予想し、封印したものなどあるようですが。

オカルト雑誌、「ムー」の編集長のインタビュー記事に至っては、「次の元号はすでに決まっていて、ある筋からの情報で自分は実はそれを知っている。ただ、今はそれを言う訳には行かない」などと言っていて、こりゃまた何でも言いたい放題と言う印象です。ま、ノストラダムスの予言の類なんて、言った人だけが「当たった」などと言っているだけですしね。あれほど大騒ぎしておいて、結局1999年も2000年も何も起きなかったですし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私も少し考えてみました。
日本語で想像するのは難しすぎるので、アルファベット表記でどうなるのか、を考えてみます。
アルファベット26文字の内、日本語としてありえないXは除外、元号として考えられない、P、QとVも除きましょう。
あと、IとOはそれぞれ1と0と紛らわしいので、これも考えにくいでしょう。
更に、LとRは発音上かぶるので、Lを除きます。
明治、大正、昭和、平成とかぶる4文字(M、T、S、H)は除外されると思われます
Zは考えられる音が「ざい、ざん、ざつ」などで、当用漢字表の中からは候補としてかなり厳しいので除外。
となると、12文字を除外して候補は14文字。

 1:A 安                        安政、
 2:B 文                        文化、文政、文禄
 3:C 中、仲、長
 4:D 大                        大同
 5:E 延、永                     延暦
 6:F 福、風
 7:G 元、合、学                  元治
 8:J 仁(じん)、淳、承(じょう)、上
 9:K 慶、賢、嘉、建、享(きょう)         慶長、建仁、享保、嘉永
10:N 仁(にん)、寧
11:R 良、陸、礼、楽、禄
12:U 運
13:Y 陽、養、悠、祐                 養老
14:W 和 和同

アルファベット表記の問題は、公式には何も言われていないですが、現実的には考慮せざるを得ないでしょう。となれば、「M」、「T」、「S」、「H」の4つは外されるでしょう。実は「天」が結構頻出しているのですが、「T」でこれはパスになります。
意外に「嘉」「慶」「寛」など「K」は多いのですが、さて「明治」の前の元号、「慶応」の「K」とかぶるところをどう考えるか・・・。私は避けると見ます。
「うん」ぐらいしか使えない「U」もパス。
「Y」も「ゆう」「よう」ぐらいしか選択肢がなく、これも候補から外しましょう。
「R」も語として意外に使いにくいので却下。
「N」は「M」と紛らわしいので、これもパス。
「F」は、そもそも「ふ」の表記を「Fu」にするか「Hu」とするかで分かれます。「は、ひ、ふ・・・」ということで「H」にするなら、「F」の出番はない訳で。こっちの方が可能性は高いかもしれません。
今までの元号で「福」もないですし、どのみち入れにくいでしょう。
そうすると、A,B,C,D,E,G,J,Wの8字のうちのどれか。
元年を略称で書いた時、「A1」「B1」「J1」「R1」などは、文脈によっては少し紛らわしい気がしないでもないですが・・・。
ざっと調べてみると、「文」、「承(じょう)」、「貞(じょう)」、「元」などは意外に使用頻度は高いようです。
一方、「大」「長」は少ないですね。
以外に「和」は出現頻度は少ないのですが、字の意味からすると侮れない候補かも・・・。


漢字の画数は、随分低下傾向にあるようです。確かに、「嘉永」「慶応」辺りに比べると、「明治」「大正」「昭和」「平成」は大分簡単になってきている印象です。
そういう点からも、「仁(じん、にん)」、「元(げん、がん)」、「文」などは割とねらい目かも知れません。

ネット上でも、色々予想されています。「安」が人気だという事ですが・・・。

いずれにしろ、4月1日には発表です。あと2週間ほどです。
楽しみにしましょう。
スポンサーサイト
水泳の池江選手が白血病だそうです。

なぜ、よりによって池江選手なのでしょうか。
あれほど強く、記録もバンバン更新して、年齢的にも力量的にも東京オリンピックでの大活躍が期待されていた、あの池江選手に。しかも、こともあろうに白血病!
東京五輪が来年に迫ったという時間的制約と、池江選手・五輪という大会のレベル、そして使われるであろう治療薬の効果や副作用を考えると・・・。

いくら治療が発達していると言ったって、血液の癌と言われる、病気の悪性度が本質的に下がった訳ではありません。薬も進歩したとはいえ、それでもやっぱり抗癌剤ですし、キツい治療を強いられます。
でも、一番がっかりしているのはやっぱり池江選手本人でしょうね。
気の毒としか言いようがありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

白血病にもいくつかのタイプがあります。
大きく分けると、骨髄性/リンパ性があり、それぞれに急性/慢性があるので、ざっくり4つのタイプに分けられます。
細かくは、更に白血病細胞の悪性度などによって分かれますが、池江選手の白血病がこのどれであるかによって、今後の展望も変わってきます。

体調不良が出てから診断までが短いので、急性白血病と思われます。
詳細が伝えられていないので、これ以上は推測のしようがないのですが・・・。
何とか、色んな意味で事態がいい方に進んでくれることを祈るのみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この件に関して、一部に「早期発見」との報道がありました。
うん、記事を書いてるのは素人なので仕方がないのかもしれませんが・・・・。
白血病は、確かに悪性腫瘍なのですが、胃癌や大腸癌などの固形癌と違って、「早期発見」という概念自体がありません。
一体、何をもって「早期発見」などと言ってるのでしょうか。
いつもながら、マスコミのいい加減さには呆れかえるばかりです。
報道するなら正確にして欲しいですね。
さっぱり意味不明です。
それに、桜田五輪相の発言についても、当初「がっかりした」部分のみがクローズアップされて報道され、一斉に非難囂々となりました。しかし、その後スピーチの全文が伝えられるに至って「切り取り方が悪意に満ちている」「揚げ足取りだ」と、今度はマスコミに避難が殺到しています。
最初の報道に乗っかって、「桜田はとんでもない奴だ」というコメントを何人もの著名人がネット上に乗せていますが、彼らはどう反応するんでしょうか。
ま、もっとも桜田さんも以前から不用意な発言の多い人でもあります。最近は国会に遅刻したりして、以前からの発言も蒸し返されてバンバン叩かれています。こっちはこっちで、しっかりして頂きたいものです。
忙しさについかまけて、気づけば、もう3ヶ月以上もほったらかしにしていました。
反省しなければなりません。
せっかく始めたものを中断していては・・・

今年はもっとコンスタントに更新することを目標にしたいと思います。


~~~~~~~~
閑話休題。

私は、神経内科という専門から、てんかんの患者さんをよく診ます。
てんかんと言うと、
“子供がなる病気で、全身がガクガクする発作を起こし、知恵遅れになる病気で、遺伝する”
と言うイメージをお持ちの方が多くいます。

確かに、間違っているわけではないのですが、それはあくまでもてんかんという病気のごく一部を表現しているのにすぎません。


てんかんは、およそ100人に1人がかかる極めてありふれた病気で、成人や高齢者になってから発症するケースも少なからずあります。知能に障害が出る方はごく一部ですし、遺伝性疾患に伴っててんかんが合併することもありますが、てんかんの全てが遺伝する訳ではありません。


で、最近多く問題になるのは、運転です。
学会などでもよく話題になります。
私の診療している地域でも、車社会なので、運転NGだというと「え~っ!?」という顔をされたり、「うっ・・・来たか」という反応だったり。
確かに、車を奪われると買い物もいけない、そもそも受診すらできないと言うジレンマに陥ったりします。
以前、私が見ていた患者さんで、成人女性でしたが、非常に発作が頻発するため、通うのが困難だと言う話をしていました。いわく、
 *過去に関東に住んでいたとき、バスの車内で発作を起こしダイヤが乱れた時には莫大な損害賠償を請求された。
 *タクシーを使ったこともあるが、タクシーでも発作が頻発するため、ブラックリストに載り乗車拒否をされるようになった
 *自分では運転できないので、友人に乗せてきてもらえなければ受診もできない。従って、友人の都合に合わせざるを得ない。その友人自身も、体調の関係で予約日に出られないことがある
 *他に頼める友人もあまりいない
 *徒歩・自転車で通える医療機関に、何件か問い合わせをして見たが、「安定していないてんかんの患者は診られない」と言われた
こうなるともう、いかんともしがたいです。
結局、少し遠いのですが電車で通いやすい他の病院に紹介しました。
他の患者さんからも、
「東京で地下鉄の発達したところで、官僚が書いた法律なんぞ、何も実態が見えていない。以前、どこかの県で隠して働いていて車で事故して死傷者を出したニュースがあったが、本人ばかりを責めるのは酷だ。確かに本人も悪いし、罪も無いのになくなった方は気の毒だが、制度や社会にも問題は大有りだ。てんかんをカミングアウトしたらどうなるのか。ほとんど就職できない。結果、かくして就職し、隠れて薬を飲むしかない。発作さえ落ち着いていれば普通に働けるのに、この診断名があるだけで、就職の望みが激減する」
とおっしゃっていました。

本当にその通りだと思います。
電車・バス会社も、経営が厳しいところ、路線を廃止したりするのがやむをえない面はあると思います。行政でコミュニティバスを走らせるのにも限界はあるでしょう。
それでも、何とかならないものでしょうか。
障害者の生きづらさは色々ありますが、せめてこういった分かりやすい制度上の問題は取り組みやすいはず。何とか善処して欲しいものです。
2018.09.10 名古屋の酷暑
最近、やっと涼しくなってきました。
朝晩などは、むしろひんやりすることすらあります。

今年は、例年にない猛暑でした。
この所、毎年そんなことを言っている気がしますが、今年は本当に特別でした。
何しろ、気象庁がわざわざ会見を開いて「災害レベル」と注意喚起するという、前代未聞の事態。
あちこちで野外イベントが中止になり、担当者の「好天でイベントが中止になるなんて、聞いたことがない」とのボヤキがネット上に上がれば、「イベントが中止になるほどの好天も聞いたことがない」というツッコミが入ったり。
西日本豪雨があったかと思えば、台風がUターンして東から来たり、今度は19・20号が立て続けにやってきて、その上21号が凄まじい爪痕を残して、とどめに翌日北海道での地震と、まさに異例の事態が続いています。

地震のせいであれほどの猛威を振るった台風21号も霞んでしまい、関西空港の被害もそっちのけで地震の報道に忙しいマスコミです。
幸い、ウチの病院は大した被害もありませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、前回書いたように私は毎週東海と関東を往復しておりますが、ハッキリ言って、東京や茨城の熱さは、名古屋(及びその周辺地域)の比ではありません。
海抜ゼロメートル地帯だからなのでしょうか、それとも木曽・長良・揖斐川と言う大きな川が3本もあるせいでしょうか、とにもかくにも湿度が高い!!
以前住んでいたマンションでは、大きめのサイズの湿気取りが5日ぐらいで液状になっていました。
ジェル状を通り越して、液状です。関東に住んでいたころは、そんなの見たことも聞いたこともありません。

家内が知人の通訳から数年前に(今年の話ではありません)聞いた話では、インドネシア人やタイ人、インド人などおよそ暑いと言われる国の人々が、揃いも揃って「ウチの母国はこれほどじゃない」と音を上げるほどなのだそうです。

そんな風ですから、茨城県の人がいくら「暑い」だの「死にそう」だのと言っても、全く響いてきません。
「だよね~」と言うより、「こんぐれぇでなぁに言ってんだっぺ?」(語尾上がり)と思ってしまいます。

行き帰りの電車でも、名古屋→東京→土浦と下車するたびに涼しくなっていきます。
行きはそれでも時間が遅くなるせいもあるのかなと思ったりしたこともあったのですが、さにあらず。

帰りは当然、土浦→東京→名古屋となるのですが、下車するたびに蒸し暑さが増します。
18:30の新幹線で東京を発つと、名古屋到着は20時を過ぎます。
なのに、名古屋の方が蒸し暑い。
どうしたことでしょうか。

それでも伊吹おろしでしょうか、夕方から西風が結構吹くのですが、21時以降、測ったようにピタリと止まります。
こうなるともう、エアコンなしではまさに蒸し風呂。

一体、東京五輪はどうなってしまうのでしょうか・・・。
周辺の救急関係者は今から青くなっているのでは・・・。

そう言えば、岐阜県の病院でエアコンが故障し、その直後に多くの患者さんがなくなるという事態がありました。
熱中症なのかどうなのか、続報がないのでまだ分かりませんが、かねてから度々エアコンが故障していたとのこと、対応が後手に回ったのは否めません。
当院でも、認知症治療病棟のエアコンが一部故障しました。ナースステーションだけだったので、まだ大事には至りませんでしたが・・・。
病院でエアコンが故障すると、院内は暑くなりますが、院長や事務長は背筋が寒くなります。
2018.09.04 台風21号
気付けばもう、9月。5ヶ月近くもほったらかしでした。
この所、資料や原稿作りに追われ、落ち着く頃には体調を崩し、回復する頃にはそういう仕事が押している・・・と言う悪循環をたどり、ブログにそそぐ時間と体力はありませんでした。
中には「先生、次はいつ?」と催促して下さる方もあり、いやはや申し訳ありませんでした。

閑話休題。

~~~~~~~~~~~~~~~

今日は台風21号が接近しています。
火曜日は毎週、名古屋駅近くにある付属の診療所で睡眠外来を担当しているのですが、
さすがに今日は患者さんのキャンセルも相次いでおり、今日の睡眠外来はいつもよりヒマです。

この診療所、名鉄百貨店・メンズ館の2階にあるのですが、今日は周りのお店――エステのお店やカフェ、ヤマダ電機なども休みですし、母体の名鉄百貨店も既に閉店していて、窓からは明かりの消えた売り場が見えます。
こんな光景、まず見ることが無いので、ちょっと「おお~・・・」という感じです。

ただ、私も18時過ぎには新幹線に乗って東京方面へ向かう予定なのですが・・・東海道新幹線も止まっているようです。
果たして、今日中に茨城までいけるのでしょうか・・・?

-------------------------------
9/10追記

結局、1本だけ動いたこだまに乗って、東京駅に着いたのは24:15。
信号待ちだの徐行運転だので、名古屋から東京まで結局5時間近くかかりました。
翌朝は早めの特急に乗って、何とか診療には間に合いました。
まあでも、翌日ニュース映像見たら、むしろこんなもんで済んでよかったと安堵しました。