上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回のUSJ絡みの記事でBTTF(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をこのように略すのだそうです)を話題にしました。
そのBTTFで、マイケル・J・フォックスが、デロリアンに乗って「バック」した「フューチャー」が、昨日――あっ、もう一昨日になってしまいました――2015年10月21日でした。

それに絡んで、色んなニュースやイベントが行われているようです。
マイケル・J・フォックスも、CMや会見などに登場したとのことで、一部映像がTVで流れていました。

その映像を見て、お気づきになった方もいるかもしれません。
少し身体をくねらせるような、奇妙な動きをしています。
「ジスキネジア」と言って、パーキンソン病の治療薬の副作用でよく見られる不随意運動です。
そう、彼はパーキンソン病です。

アトランタ五輪で聖火の点火を行った、元プロボクサーのハメド・アリもパーキンソン病です。震える手で点火していた映像が印象的でした。


****************


神経内科の病気は、知名度で言えば結構マイナーなのですが、割と有名人がかかっています。

ちょうど2ヶ月前の8月23日、落語家の林家こん平師匠が、11年ぶりに公の場に姿を現したとしてネット上のニュースになっていました
そう言えば、いつの間にか笑点から姿を消していましたね。多発性硬化症だったそうです。
多発性硬化症も、バリバリの神経内科疾患です。

昨年、他科の医師に、全く個別に2回、多発性硬化症と筋萎縮性側索硬化症を混同されて、医者ですらこんなもんなのか・・・と寂しい思いをしました。他に、結節性硬化症と言う病気もあって、混乱するのは確かなのですが・・・。

さて、この筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、去年から何度も記事にしています。
この所、野球選手や女優さんがALSの普及活動に力を入れてくれて、こちらとしては嬉しい限りです。
有名人では、スティーブン・ホーキング博士(他疾患説あり)の他に、クイズダービーでおなじみ、仏文学者の篠沢秀雄教授や、毛沢東、それに米国の野球選手ルー・ゲーリック。私はこの選手を知りませんが、かの国では相当の有名人だそうで、米国内ではALSをルー・ゲーリック病と通称するんだそうです。
先日、PL学園が春夏連覇をした1987年に捕手で活躍した伊藤敬司さんと言う方がALSで亡くなったそうです。46歳と言う若さでした。

*****************

1リットルの涙で登場する主人公の女性は、多分マチャド・ジョセフ病だそうです。
私は読んでないのでわかりません、同僚の話の受け売りです。


その他、ロナルド・レーガン元アメリカ大統領はアルツハイマー病です。
大原麗子はギラン・バレー症候群でした。同じ病気を患った人に、安岡力也、釈由美子・・・もう1人。
デューク・東郷もその1人です。

デューク・更家じゃないですよ。デューク・東郷です。
えっ、そんな人知らない?
超有名な国際的スナイパーと言えばわかるでしょうか。
ま、架空の人物ではありますが・・・。

知らない人は、検索してみてください。

今日はこの辺で。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/76-a016e06d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。