上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月は色々忙しくて、気が付いたら1ヶ月以上ほったらかしになっていました。
「続きは次回に」などと予告しておいて、こんなに時間が経ってしまうと、もはや事件として旬が過ぎてしまいました。
ま、気を取り直して前回の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、このケースで、報道によれば、患者は15歳で発症し、各種の問題行動を起こしたということですから、恐らくは統合失調症、中でも「解体型」と呼ばれる、重症化しやすいタイプだったと推測されます。
そう言う場合、本人には「自分が病気である」という自覚はなく、説得にも絶対に応じませんから、そもそも医療を受けさせること自体が猛烈に困難です。
それでも昔は精神科医が往診して自宅に出向き、患者を説得したり、その場で投薬して病院に連れてくるということも通常診療の範囲内であったようですが、現在そう言った診療形態は認められていません。
つまり、病院に来るまではほとんどすべて家族任せなのです。
一応、病識がなく、受診を拒否する患者・家族のために、移送という制度もあるにはありますが、実際には絵に描いた餅。都道府県により差はあるようですが、愛知県ではほとんど何の役にも立っていません。
そういう背景があって、大声で叫び、暴れ、暴力をふるって受診を拒み続ける我が娘をどうするのか。
ひた隠しにするしかなかったのでしょう。

とは言え、16年前からと言えば、平成13年頃です。精神保健福祉法をはじめ、各種医療・保健・福祉制度も、少なくとも外形だけは整っていた時代です。しかも、一時は精神障害者手帳も取得していたとのことですから、発症以来全く医療を受けていなかった訳ではない、ということです。
それならば、以前かかった病院とか、役場の障害福祉課とか、色んな相談窓口はあったはずです。
治療を受ける権利も患者さんの重要な権利。
今回の事例は、親がそれを侵害した事例とみることもできます。
色々複雑な背景事情があったのでしょう。
単純に親を責めるのは気の毒ですが、それでも、「娘が可愛かった」と言うのなら、生前に何とか医療につなげて欲しかったし、すべきであったと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方で、「こういう患者は精神科病院では保護室に入れられる、保護室と言うのはひどい所で、外から鍵をかけて閉じ込められて、人権を蹂躙されまくる、精神医療のブラックボックスだ」的な報道も見受けられますが、一体いつの時代の話をしているのでしょうか。それこそ、昭和の時代、それも昭和30~40年代ごろの話です。
「精神医療に詳しいジャーナリスト」とやらに話を聞いたという態で、週刊誌などがそう言う記事を載せていたりしますが、全くもって迷惑千万な話です。一体、隔離や拘束がどれだけ厳格に法律に縛られているか、知っているのでしょうか。

ただ、こういういかがわしいジャーナリズムに負けないように、何よりもこのような患者さん・親御さん達が今後生まれないように、私達もこの事件を教訓に、もっと啓発活動に精を出さなければいけませんね。
国や行政の側にも、もっと法制度の整備や広報活動、そして運用の徹底に力を尽くして欲しいと思います。
スポンサーサイト
病院にもお歳暮が届くようになり、年賀状の準備も始め、気ぜわしくなってくる時期です。
第九や紅白などの風物詩もあり、TVの年末番組が気になったり。
そんな12月の風物詩の1つに、赤穂浪士があります。
赤穂浪士の吉良邸討ち入りが元禄15年の12月14日に行われたことがその由来のようですが、これは旧暦。現在の暦では1月30日になるようです。なるほど、江戸でも雪が降る訳です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近でこそあまりやらなくなりましたが、一時期は各局が大物俳優を起用して毎年のように赤穂浪士のドラマを放送していました。
生の頃は特に見ていなかったのですが、ネット上にその動画があって、YouTubeで見られます。
厳密には著作権法違反なのでしょうが、ユーザーとしては便利かつ有難いものです。
大石内蔵助役は、中村吉右衛門、松方弘樹、杉良太郎とか、松平健とか、色々大物が起用されています。

赤穂浪士モノのドラマは、大河ドラマでも何度か制作されています。
「峠の群像」の頃はすでに物心ついていたのですが、なぜかその頃は全く興味を覚えず、全然見ていませんでした。その前の年の「おんな太閤記」は見ていたのですが。

大河ドラマのオープニング曲はCDになっていて、実はそれを持っているですが、大河ドラマの2作目がまさに「赤穂浪士」。
このドラマ自体は当然見ていないのですが(生まれる前です)、このオープニングテーマがお気に入りでして。
オープニングテーマを作曲した芥川也寸志は、芥川龍之介の三男だそうです。
で、この芥川也寸志が、NHKの別のドラマのオープニングを作曲しています。
この別のドラマと言うのが・・・

長くなりそうなので、以下はまた次回に。
内科病棟がついに11月1日、本格的に稼働を開始しました。
まだまだ入院患者さんも少なく、助走段階ですが。
それでも、近隣の病院から名指しでの入院以来があったりして、滑り出しはまずまずスムーズです。


下の写真は、完成直前の頃。工事関係者らと下見を兼ねてナースステーション内で会議を持った時の様子です。

    IMG_2073A.jpg     IMG_2074A.jpg


こちらは、ベッドが入る前の病室。
    IMG_2085A.jpg


まだまだ重症患者は少なく、酸素を流してる患者さんもいなければ、モニターの音もしないので静かなもんです。
これまでの閉鎖空間に近いナースステーションから、一気に開放的なステーションに変わったので、若干の違和感を禁じ得ませんが、、今までとは異なる環境でカルテを書いているのが、とても新鮮です。
さらに、入院患者さんの治療方針を看護師に伝える時にも、話す内容がいかにも内科らしい構成になるので、内心「これこれ!この感じ」とにんまりしながら仕事をしています。

それに、今までだと入院している病棟によっては、検査を出せば出すほど病院の収入を圧迫するので、検査を出すのにも心理的に圧迫を感じながらでした。内科病棟では、必要かつ十分の検査を行えるので、より詳細な評価が可能になります。使える薬や点滴も少し高度なものになります。

こんなことを言うと、患者さんが重篤化することを望んでいるように聞こえてしまいそうですが、もちろんそんなことは決してありません。ただ、私の内科医としてのウデをより発揮できそうな環境には思っていたよりもワクワクします。
考えてみると、4年前にも記事を書いていたので、ふと気づいてみると、このブログをはじめてからもう4年も経ってしまったのですね。

リオ五輪が始まりました。
工事の遅れなどいろいろ問題視されていましたが、とりあえず概ね問題なく始まったようです。

いきなりのサッカーの敗戦は、まあ折り込み済みとして。

水泳の萩野・瀬戸両選手の金・銅メダルは、良かったですね。
両者の関係には、本当にすがすがしいものを感じます。
1・2フィニッシュじゃなかったのが惜しまれます。


それにしても、体操・男子団体はすごかったですね!
予選ではミス連発、内村選手は今回も歓声に邪魔されたのか落下したし、「団体で金を取るためには、予選トップ通貨が絶対条件」という話だったので、それが4位発進ということで、正直、絶望的かと思っていたのですが。
白井選手なんて、まだ19歳。4年後の東京五輪でも主力で戦えますね。
その頃、内村選手は31歳。さすがにもう、ピークは過ぎているかもしれません。
5人並んで「君が代」を効いているシーンは、とても感動的でした。
しかも、今回の君が代が、スローテンポでいいですね。いつも速過ぎるんで。

今日のワイドショーの解説に、森末や池谷など、懐かしい顔も見られました。
池谷幸雄・直樹兄弟なんて、すごく好きだったんですよね・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

柔道部出身者としては、やっぱり柔道が気になります。
近藤選手の銅は、正直、個人的には予想通りですが、中村美里選手が銅だったのが残念。
せめて銀ぐらいまでは行くんじゃないかと思っていたのですが。
ただ、田村(谷)選手や野村、吉田・古賀、井上のような安定感はなかったので、正直な所、金はどうなんだろうと思ってはいました。
思えばあの辺りの人たちは本当に抜群の安定感でした。
テレビで見ていても「これは負けない」と思えたから、実際に対戦している相手は本当に怖かっただろうな。

73kgの大野選手は、あまり注目していなかったのですが、金が取れてよかった。
中量級はパワーとスピードのバランスがいい分、見ていて面白いのですが、その分世界のレベルも高くて、とても厳しいんで。
しかも、すごく冷静というか、感情を表に出さないところも好感でした。
礼の仕方も丁寧でしたし、勝っても飛び跳ねたりしないところが、本人も言っていたとおり、美しかったです。

個人的には、“野獣”松本選手が銅だったのは残念!
あの気迫は応援していたのですが。返されることを恐れない度胸と、どでかいスタミナを基盤とした、闘争心むき出しの超攻撃型柔道で(しかも、バランスが良くなかなか倒されない)、足技が粘っこく上手いところも好きだったし。立ってよし、寝てよしのオールラウンダーだったので、今回も期待していたのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

柔道は、もはやJUDOになって、日本が生み出した講道館柔道とはかなり違うものになってきていますが、ルール改正によって、全体的にはいい方向に向かっている気がします。
総じて、他国の選手が良く組み合うようになったので、柔道らしい柔道が見られるようになったのはいい傾向です。
それと、寝技をじっくり見るようになったのはでかいですね。
地味で、素人には分かりにくいんでしょうが、柔道の試合で寝技の時間が短いのはどうしてもいけません。審判のレベルも上がってきたのでしょう。
今のところ、妙な判定もなさそうです。
ビデオ判定の導入や、旗判定の廃止なども、結果的にはいい方向に働いているんじゃないでしょうか。
ただ、時間無制限というのは、選手にとってはあまりにも過酷な気もしますが。

足取りの禁止は、2014年から全面禁止になったので、そのルールでは今回が初めてのオリンピック。
肩車や双手刈りが消えたのは残念ですが、妙なタックルや苦し紛れのへんてこりんな技寄りと買ったんじゃないでしょうかね。
中には、流れで偶然手が相手の足に触れてしまったために、反則負けになってしまった気の毒な例もありましたが。


今日は、大野選手とともに、もっとも金に近いと言われる81㎏級の永瀬選手。
ただ、本当にオリンピックは何があるのか分かりません。
頑張ってほしいです。

あと、パラリンピックの柔道部門で夫婦で出場する、廣瀬悠・順子両選手も注目しています。
2016.04.24 春本番です
気づけば、まる2ヶ月もサボってしまっていました。
その間、世間では色々な動きがあったので、書こうと思えばネタはいくらでもあったはずなのですが・・・。
忙しさにかまけて、ついサボってしまいました。

今日はこれと言ってそう重要な用事もなく、7時に起きて2度寝した後、9時半ごろから昼過ぎにかけて、ちょいと外出。
その後帰ってきて庭をいじっていたら・・・なんと!
縁側の下にトンボがいました。
羽化したばかりで、まだ羽が伸びきっていません。

トンボの羽化

こんな所でも羽化するんですね。

春本番。
桜も終わり、これから新緑の季節に向けて、庭の緑がどんどん濃くなってきています。。
病院の近くでも、トノサマガエルやアマガエルが鳴き始めました。
自宅では、少し離れた田んぼや森から、アオガエルの鳴き声も聞こえてきます。
小さい頃から、夏はカエルの大合唱の中で寝ていました。
というか、うるさくて眠れないほどカエルが鳴いていました。
そのせいか、カエルの合唱にはある種の郷愁を感じます。

これから梅雨・夏に向かって、どんどん暑くなっていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。