上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、岡田先生のご講演で「診療に当たっては、生活状況を綿密に聞く必要がある」という点に共感した、と書きました。

私も、睡眠の診療をする時には、普段の生活や家のことなど、問診票も活用しながらかなり詳細に聞きます。
食事は何時に摂るか、入浴は何時で、シャワーか湯船か、布団に入るのは何時で、寝付くまでどれ位かかるのか、途中で目が覚めることはないか、トイレに起きるか、その後すぐ眠れるか、朝は何時に目が覚めるのか、目覚ましを使うか、目が覚めてから布団を出るまで何分位かかるのか、寝室の遮光の具合や温度はどうか、寝ている時エアコンや扇風機、電気毛布などを使うか。社会人なら通勤手段は何で、所要時間はどれ位か、業務の内容はどんなものか、事務仕事か、機械運転はあるか、業務で運転するか、会議は多いか、PC作業は多いか、動き回るかどうか、接客かどうか、対人関係のストレスは、残業は無いか、帰宅は何時頃か、資格試験や納期等で追込み・多忙な時期ではないか、プライベートで結婚・出産や転居・転勤などを控えていないか、女性なら生理周期はどうか、もちろん他に治療中の病気は無いか、サプリメントなどを常用していないか、偏食は無いか、飲酒・喫煙はどうか、家の間取りはどうか、ベッドパートナーから「いびきがうるさい」とか「殴られた」と言われたりしていないか、いびきの音量のあまり別室で寝てはいないか、睡眠中に知らず知らず冷蔵庫をあさっていないか、寝ぼけてベッドパートナーを殴ったり蹴ったりしていないか、壁に穴をあけたことは無いか、等々・・・・・とにかく詳細に聞きます。もちろん、患者さんの状態や疑われる疾患によって多少のアレンジはありますし、外来の詰まり具合では多少端折ることもありますが、場合によっては結構立ち入ったこともズバズバ聞きます。


睡眠は生活の一部なので、不眠は生活習慣が原因の事も多いのです。そこで、睡眠習慣の改善が必要になりますが、睡眠習慣の改善は、すなわち生活サイクルの改善でもあります。そこで生活のパターンを詳しく聞いたりするのです。

と同時に、生活習慣改善のアドバイスをする時も、長くなりがちです。ただ単に規則正しくしなさい、ではいけません。
子供の夜泣きで眠れないのかもしれません。介護のため、起きざるを得ないのかもしれません。シフト勤務で、どうしても不規則になるのかもしれません。
受験生もいるでしょう。24時間勤務の警察官や、演習や訓練で徹夜を強いられる自衛官、締め切りの近い作家、年度末の税理士さんなど・・・。そういう生活全般を無視して、ただ「早寝早起きしなさい」では何の解決にもなりません。「こっちの事情も知らないで好き勝手言ってやがる」と思われて、通院を辞めてしまうのがオチです。今の生活をできるだけ維持しながら、患者さんの苦痛や困りごとが解決できるように、かつ将来の健康リスクを少しでも低下させるように・・・。


そんな風なので、睡眠外来はいつも遅れがちです。私自身、銀行などで待たされるのは嫌なので、待たせるのも嫌いなのですが、午後3時~5時に予約をされている患者さんには、いつもご迷惑をかけてしまいます。

個々の患者さんにはもっと時間をかけたいが、そうすると他の患者さんに迷惑がかかる・・・。
外来をやる医師にとって、永遠のジレンマです。
スポンサーサイト
先週、当院で名古屋大学の先生による、発達障害の講演会を開催しました。

演者の岡田俊先生は、児童精神医学の分野では全国的にご高名な先生で、盛り沢山な内容をユーモアあふれる語り口で話され、90分間があっという間でした。
近隣の医療機関はもとより、行政や教育機関からも参加者があり、100人規模の参加者があったようです。
こんなにもニーズが高いということに、改めて驚きました。

そして、そのご講演を拝聴して、成人の精神科や神経内科や睡眠医療の診療にも共通する点が多くあると感じました。
家族構成や家の間取りなど、家庭生活に関することを詳細に聞く必要があるとか、
治療だなんだと言いだす前に、ご家族が障害を受け入れる時間が必要だという点など。
「診断名はあくまでラべリング。『診断名が分らなければ対応できない』などと言うのは大きな誤解」という点も、とても考えさせられました。
発達障害に対するサポートは、両親だけではない、他の家族や学校、地域まで巻き込んで、家庭・学校・地域での生活全体を支えることなんだということが良くわかりました。
この辺り、成人の精神科や睡眠医療、神経内科疾患でも同様です。

考えてみれば、医療というもの自体がそうなのかも知れません。
苦痛の軽減とともに、生活能力も向上させなければ、よりよい生活を送ることはできません。
きめ細やかな視点に、とても感銘を受けました。もちろん、それ以外にもいろいろ勉強になったのですが。

今後も、こういう啓発活動を継続していこうと思います。
2013.04.07 新年度です
年度が替わって、もう1週間も経ってしまいました。


今年は桜の開花が早く、4月1日には満開状態だったので、今年の入学式・入社式は大分華やかだったのではないでしょうか。
その桜も、昨日からの強風でもうほとんど散ってしまったようですが。

春と言えば、やはり人事の季節。
当院でもご多分に漏れず、卒業する人もあり、新しく来る人もあり。
自分が児童・生徒・学生だった時も、新しい年度は新しい学年になり、4月上旬はやや浮ついた気分でいたことを良く覚えています。
社会人になってからも、医局人事などで結構頻繁に勤務先が変わっていたので、業務内容そのものはそんなに変わらなくても、新しい職場の同僚・上司や患者さんたちの顔と名前を覚えるのに四苦八苦していました。経験年数に寄らず、新しい職場だと覚えることが多くて大変な反面、新たな気持ちになれるんですよね。


私が非常勤で勤務する大学病院でも新卒たちが入ってくる頃で、ヨチヨチ歩きのひな鳥たちが広い院内をカルガモの親子宜しく行進しているのを見ると、微笑ましいと思う反面、自分たちもああやって教わったんだなぁと気持ちを新たにすることが出来ます。
その一方で先輩達も教育・研修に手間を取られ大変な時期です。それでもオリエンテーションやってる頃はまだいいのですが、それが一通り終わって病棟に配属され、見学を終えて徐々に実務に入ってくる頃になると、新人がミスをしないように、ミスしてもすぐ発見できるように、病棟全体がピリピリします。先輩ナースにこっぴどく怒られて、物陰で半べそになっている若いナースを見かけるのもこの頃です。
でも、命を預かる現場ですから、甘ったれたことは言ってられません。教育が厳しいからものになるんですよね。
精神科の病院も、命に関わることは少ないですが、小さな変化を見逃してはいけないという点では同じで、あちこち細かく目配り気配りをしなければいけません。
これから厳しい研修が待っています。

来週から大学病院の研修医もやってきます。教育担当の私としても、厳しく教えていこうと思っています。
頑張れ新人!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。