上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者をネタにした、有名な言葉遊びがあります。
ご存知の方も多いでしょう。

「寝台車」・・・「死んだ医者」
「薬剤師」・・・「ヤクザ医師」

日本語は言語学的な特性から、同音異義語の数において世界一なのだそうです(情報ソースはネットなので、正確ではないかもしれません)。


同音異義語は会話の行き違いを生みます。先日こんなことがありました。
「先生、いつが空いてます?」
「月・・・・か・・・・木」
「あっ、じゃぁ・・・〇日どうですか?」
「火曜日じゃん、ダメだよ」
「えっ、でも今『月火木』って・・・あっ!『月か木』か!」
・・・・
これは私の言い方も不味かったのですが、日本語ではこんなことは多いですよね。
「ここではきものをぬいでください」
「貴社の記者が汽車で喜捨して帰社した」
「きょうふの味噌汁」
「ゆでたまご」
なども同音異義語をネタにしたダジャレ・言葉遊びです。
ワープロの誤変換も、人間の頭では考えられない物があり、それだけでネタになります。
「誤変換」でググると、それはそれはたくさんのサイトがヒットします。

中身を見て見ると、面白いです。人間では考えつかない文節の区切り方をしていて、もはや一種の遊びになっています。
こうしてみると、同音異義語と一口に言っても、なかなか奥が深いです。


*******************


今シーズンはソチ五輪です。
愛知県出身の浅田真央選手、安藤美姫選手(余談ですが、私と同じ誕生日です)共に最後のシーズンと位置付けていますね。頑張ってほしいものです。さて、そのソチ五輪。最近、少しずつニュースの話題になることが増え、テレビから「ソチを目指す」というセリフが聞かれることが多くなってきました。
思わずびっくりんするんですよね。なぜかって?

精神科医療に従事する者にとって、「ソチ」は「措置」、すなわち措置入院を意味する単語だからです。
措置入院とは、簡単に言えば自分か他人に危害を加える恐れが高い患者さんに強制的に医療を施す制度で、精神保健指定医2名の診察結果が一致すれば、本人・家族の同意なしに強制入院させることが可能です。

「措置(入院)を目指す」、ちょっと空恐ろしい表現です。


*******************


最近話題になることが少なくなった、プレイステーション・ポータブル。
日常会話で、PSPと略されますが、これも文字で見たり会話で聞くとドキッとします。
PSP=PlayStation Portable
ですが、神経内科医にとっては、
PSP=Progressive Supranuclear Palsy(進行性核上性麻痺)
という、神経変性疾患の一種です。

医学用語(英略語)の間では、こういうことはザラですが、医学と関係ない分野との間での同音異義語は割と少ないです。
PSPは神経内科医の間ぐらいで使われるだけですが、他の領域でも似たような現象は怒っているのでしょう。
あっほら、誤変換です。コンピューターは人間の頭では想像もしない様な誤変換をやらかしてくれるので、面倒です。
その分、笑えることもあるのですが。

怒っていても症がないので、苦笑いしつつ「起こって」「しょうがない」に書き換えて、終わることにします。
スポンサーサイト
睡眠学会は6月28日(金)で終了し、土曜日は認知行動療法の研修を受けてきました。
簡単に言えば、薬を使わず、一定の方式に基づく訓練で不眠症を治そうというものです。
有用なことはわかりましたが、現在の当院の体勢ではまだ難しそうです・・・。


さて、今回の学会は秋田での開催。
来る時は上野から秋田新幹線「こまち」で来ましたが、帰りはルートを変えました。
飛行機?いえいえ。
夜行列車です。

寝台特急「あけぼの」で帰ってきました。
いわゆるブルトレ(ブルートレイン)ですが、数年前に北斗星に乗って以来です。
久々に夜行列車に乗って、自分がやっぱり鉄ヲタの1人だと再確認しました。

**********

もともと男の子の通例で、小さい頃から乗り物系には興味を持ち、自動車以外は大体ハマっています(自動車の系統だけは、なぜかあまり興味がありません)。その中でも、電車はNゲージにハマった時期もあり、いつかはジオラマを作ってみたいなどと言う野望を抱きつつ、ずっとそのままにしています。
しかしながら、土浦に住んでいた時でも、なぜか模型屋は目ざとく見つけ、後ろ髪をひかれる思いでいながら今いち入る勇気もなく素通りしていたり、鉄博やリニア・鉄道館など行ってみたいと思いつつまだ行けてない辺り。本物の鉄ヲタには「だらしがない」「本物の愛情じゃない」等と怒られそうです。

豊川市に住んでいたころ、日本車両の工場が近くにあり、N700系の車両が初めて搬出される場面に出くわしたことがあります。あのまま待っていればマニア垂涎の場面に立ち会えたのに、悲しいかな、その時は病院で呼び出しを受けて向かう途中。帰る頃にはもうどこにもいませんでした。今でも惜しいことをしたと思っています。
こういう感覚は好きな人じゃないと、「?」でしょうね。

**********

それはともかく、普段、新幹線や山手線、常磐線などでそれほどワクワクするわけではありませんが、やはり夜行列車となると違います。早々とホームに降りて待機します。また、東北地方の駅は大きい所でもどこかうら寂しい雰囲気があり、殊に夜の静かなたたずまいが大好きです。ぱしぱし写真を撮りつつ待っていると、あけぼの号が入線してきました。顔写真(?)を撮り、いそいそと乗り込んで寝台に向かいます。

夜行列車の席から眺める外の景色は、いつもと違う感じがします。
そして、新幹線では味わえない、「がったん」という発車の感覚。
夜の闇の中を疾走するのを、薄暗い照明の中から眺めていると、何だか無性にワクワクします。

・・・てなことを書いていると、いくらスペースがあっても足りないので、この辺にしておきましょう。
「お前は何しに行ったんだ」と怒られそうですね。
はい、すみません。お察しの通り、寝台車に乗るために秋田まで行ってきました。
・・・というのは冗談ですが、あながち「全く違う」とも言い切れないのが痛い所でして。


まぁとにかく、飛行機や新幹線は便利なのですが、旅は行程が楽しいという所もあり、長い移動時間も旅情を楽しみましょうということで話をまとめます。

あれ?学会の話のはずが、いつの間にか電車の話になってしまいました。

お後がよろしいようで(^^;)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。