・・・ということを、数多くのメディアが報道しています。
年数が経過したことと、東日本大震災のインパクトが大きすぎたせいか、最近その存在感がかすみがちですが、
あの震災は、色んな意味で日本全体にショックを与えました。
医療業界においても、災害時の救急医療やメンタルケア、災害時ボランティアなど多くの面で知見やノウハウが蓄積されました。
私も、あの日のことはとてもよく覚えています。

************

その当時、私は栃木県に住んでいて、医学部の5年生でした。
朝から脳外科の実習、しかも担当した患者さんの手術の日だったため、朝起きてすぐさま病院に向かいました。手術後はそのまま病棟実習へ突入です。
午後1時頃、指導医から許可が出たので、昼食に向かいました。途中、病棟のラウンジで患者さんたちがTVを見ていました。何やらワイドショーが騒いでいるな、位にしか思わなかったのですが、遠くに見た画面が灰色だったのを覚えています。
色々あって、家に着いたのは午後6時半を回っていました。
TVをつけると何やら大災害が起きた模様。
空撮の映像で、一目で崩壊した大都市と分る廃墟。
あちこちから太い黒煙がいくつも登っています。
「うわー、ひどいなー・・・・どこの国だろ」
等とのんきなことを言っていました。
画面が切り替わり、高架の道路が横倒しになっています。さすがに目を疑いました。
でもって、その後ろの景色は・・・何だか日本によく似た雰囲気です。
しかも、聞こえてくる地名がどうも日本ぽい。
「・・・・え?・・・・えっ?・・・・・嘘だろ!?」
思わずTVにかじりつきました。

************

数ヶ月後、大阪の伯父を訪ねました。
「災害の跡地を見ておくのも何かの勉強になるだろう」と呼んでくれたのです。
あちこちで屋根にブルーシートがかかり、傾いた電柱やビル、原形をとどめない瓦礫となった建物。
生で見るとやはり衝撃が違います。胸に迫るものがありました。
空襲や関東大震災って、こんな感じだったんだろうなぁ・・・。
と想像をめぐらせました。

まだ、行方不明者の捜索も続いていました。

背景は異なりますが、在原業平の詠んだ短歌を思い出しました。
 「名にし負はば いざこと問はむ都鳥 我が想う人はありやなしやと」


あれからもう20年。
阪神大震災後に生まれた子供がもう成人です。
月日の経つのは速いものですが、あの衝撃を風化させてはいけませんね。
スポンサーサイト
フランスでテロが起こりました。

罪もない人が多数犠牲になりました。痛ましい事件です。
フランスを含め、世界中で「言論の自由に対する挑戦だ」と非難囂々で、
100万人単位でのデモも行われ、各国の首脳も参加しました。

確かに、言論の自由は守られるべきだし、罪もない人々を巻き込む暴力は許されるものではありません。
しかし、ちょっと待って頂きたい。
盗人にも3分の理といいます。
ここでは、ちょっと違った視点でこの問題を眺めたいと思います。

--------------------------------

もともと、これはイスラム教徒の一部過激派組織とアメリカをはじめとする欧米諸国の対立軸の中から生まれた事件ですが、直接の引き金はフランスの出版社の風刺画です。

そもそも、この出版社はいろいろな社会風刺画を掲載する会社だそうで、これまでも何度かイスラム教徒を怒らせるような内容を掲載していたとのことです。
今回も、その内容がイスラム過激派を刺激したことが事件の引き金を引いたようです。
事は宗教ですから、例えば政治家を批判するような内容とは訳が違います。
その内容が不必要に挑発的だったのではないでしょうか。
言論には言論で対応するのが筋ですが、何度も挑発行為を行っておいて、一向に改まらないならポカリとやられても一方的に怒ることはできないと思います。
構図としては、いじめとよく似ています。
多数派があまり深い思案もなくちょっと茶化したぐらいのつもりでやったっことが相手を深く傷つける。
相手が粗暴行為に及ぶ。引き金を引いた方は、「そんなつもりじゃなかった」「笑って受け流せばいいのに」と言う。
出来ないことを言うもんじゃありません。

宗教観の乏しい日本人は、お釈迦様を侮辱されても、人を殺すほど激怒することは考えにくいですよね。
どちらかと言えば、天皇を侮辱された方がその感覚に近いのではないでしょうか(天皇家が宗教と同じだと言っているのではありません。念のため)。


逆の立場で、キリストを侮辱されたことを想像すれば簡単でしょう。
この出版社がキリストを茶化すような内容を掲載しているというならまた話は別ですが。
 調べたら、イエス・キリストやローマ法王も思いっきり茶化していました。
 国や地域・文化・宗教を問わず、風刺の対象にしているようです。
 さすが、自由と平等を愛する国、フランス。公平ですね。
 もう少し博愛の精神があってもいいような気もしますが。

元はと言えば、イスラム教よりキリスト教の方が排他的で、選民思想の要素を孕んだ宗教です。
そして、フランスはキリスト教の文化圏です。
世界的マジョリティであるキリスト教圏の人の驕りが透けて見える気がします。
それと、自由には責任もついて回ります。
言論機関としては、やはりある程度の節度は求められるのではないでしょうか。
ことに、キリスト教対イスラム教なんて構図が、これだけ色んな問題を引き起こしている今の時代ならば特に。


もちろん、過激派のやり方が許される訳ではありません。
また、だからと言ってこれまでのスタイルを替えれば、言論が暴力に屈したことになってしまいます。
ちょいと叩かれただけでほいほい引っ込めるようなら、最初から言わなきゃいい訳で。
しかしながら、このまま放置すると、挑発合戦になってしまいかねない危惧を孕んでいます。
もう少し穏便に・・・と考えるのは日本人的感覚でしょうか。

もっとも、逆に日本の言論機関には、この位の気骨を持ってもらいたいとも思いますが。
1月2日になりました。
今年の正月は、元日からいきなり雪でびっくりしました。
まぁ、雪景色もいいもんです。


今日から2日間、恒例の箱根駅伝です。
今年の箱根駅伝は、青学が往路優勝しました。
神野大地選手、凄かったですねぇ!
まさかあの東洋大・柏原選手を超えるとは思いませんでした。
というか、そもそも青学って、全然鳴かず飛ばずの学校だったのに・・・。

と思っていたら、アナウンサーが言うには、初回から参加しているとのことで、歴史は重ねているんですね。

*************

そして、神野選手ですが、彼は愛知県出身・・・というか、何と津島市の出身なんですよね。

私自身は特に陸上ファンという訳ではないのですが、箱根駅伝は大好きで、ほぼ毎年見ています。
とは言いつつ、松野君や柏原君など一部の例外を除いて、今まで特定の選手を試合前からチェックするなどと言うことはほとんどなかったのですが、神野君だけは大学1年生の時からチェックしています。
というのは、睡眠外来の患者さんが私のご近所さんで、その方から神野選手のことを教わったからです。
それがちょうど3年前。まだ彼は1年生で、柏原君が「山の神」として5区に君臨していた時でした。
新聞を見ると、「高校時代は無名だったが、入学後一番伸びたのが彼だ」などと言ったことが書いてありました。
その年はラッキーなことに箱根に宿が取れたので、家族で富士屋ホテル前まで応援に行ったのですが、私達の目の前を柏原君が猛スピードで駆け抜けていったことを覚えています。


その神野君が今や青学を引っ張るエースに成長したというので、それだけでもびっくりです。
そう言えば、去年は2区のエース区間を走っていました。いやそれも驚きだったのですが、今年は5区の山登りだとのこと。
しかも、アナウンサーが紹介したところによれば、登りのセンスがあるだけでなく下りも行けるということで、監督は100%の自信を持って彼を送り出したというではありませんか。
柏原君はバリバリの山のスペシャリストでしたが、神野君は平地も走れて登りも良くて下りも行けて、最強じゃないですか!
それを示すかのように、何と今回彼は柏原君を超えるスピードで区間新記録を叩き出すという快挙を成し遂げました。
2位に5分近くの差をつけた上に、ゴール後も飛び跳ねて喜びを爆発させるだけの余力を残していました。
164cm、43kgと、陸上選手としても小柄で華奢な身体に、よくぞそれだけの力を秘めていたものです。
おかげで今年は繰り上げスタートになるチームがたくさん出てしまったとか。


おめでとう、神野大地君!