上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事で、「寝台車・・・死んだ医者」という言葉遊びのネタに触れましたが・・・。
3月14日のダイヤ改正で、ついにブルートレインの定期運行がなくなってしまいました。
鉄道好きな私としては、寂しい限りです。
新幹線や飛行機と比べて時間はかかるけど、あの旅情が好きだったのに。
去年、学会にかこつけて「あけぼの」に乗っておいて良かった・・・。

**************

JR東海がリニアを作っていますが、新幹線だ飛行機だリニアだと、スピードがどんどん速くなるにつれて、旅の情緒が失われている気がします。
新幹線でも、食堂車があった頃は「旅」って感じがありましたが、もう今は完全に「交通手段」です。
昔のお茶の容器も如何にも「旅」って感じだったのに。

旅の中で、食事の占めるウェイトは大きいですよね。

**************

江戸時代、街道の整備や貨幣経済の発達、おかげ参りブームや出稼ぎなどで旅行する人が増え、それに伴って街道沿いの宿泊施設や飲食店が発達しました。もちろん、その頃の交通手段は「徒歩」です。
自分の足で歩くわけですから、当然お腹もすきました。
そういう時、当時の人は「『ひだる神』に取り憑かれた」と言ったそうです。
ひだる神とは、人を空腹にさせる神で、道行く人にふらりと取り憑く、行合い(いきあい)神の一種だったそうです。
歩いている途中で、不意に取り憑かれて、急に身体の力がだらりと抜けることから、「だり神」とも。
医学的には低血糖状態だったのでしょう。
語源的には、「ひだる神」=「霊(ひ)だらり神」だったとのこと。

で、その頭の「ひ」を取って、
「ひ」文字→「ひもじい」
という、女房言葉になったそうです。
「杓子」→「しゃもじ」
と同じですね。

てなことを書いていたら、私もひもじくなってきました。


空腹では寝付きにくいですが、もう遅いですから果物ぐらいにしておきましょう。
寝る前のひもじさには、バナナが良いですよ。



参考文献:「ひととき」2015年1月号 p.11
 旅ことばの旅(45)/中西 進・著 
スポンサーサイト
近年、医学部が人気です。やっぱり資格が取れて、生活が安定するからでしょうか。
倍率1倍を切る大学が増える中で、やはり医学部の倍率は軒並み高止まりの様です。

***************

私が学生の頃は、医学部が6年制だと言う事すら知らない人もざらにいました。
学年を聞かれて6年生だと答えると、留年と思われて微妙な顔をされたりして。
当然、医学生はすべての科を勉強する、なんてことも知りません。

一般の大学の様に、学生の間からゼミに所属すると言うことも基本的にありません。
中には、個人的にある研究室に良く出入りして研究の手伝いをするということもありますが、珍しいケースです。
“専攻が決まってる医学生”なんて、私達からすると笑える設定のドラマもありました。

***************

国家試験の時には、得意な科目も不得意な科目も全てが範囲になるので、それはそれはストレスでした。
あの当時の勉強量は、今思い出しても、ぞっとします。
もう2度と受けたくありません。

医学の発達に伴って、国家試験もどんどん難しくなってきています。


第109回の国家試験が、先月ありました。
来週、合格発表です。
また新しい医師たちが誕生します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。