今回は、私の母校が主管で、もちろん教授は恩師です。
認定医の更新のためのポイントを取得しないといけないと言うこともあり、宇都宮まで行ってきました。

学会場では朝から活発な討論が行われていました。
着いて早々、後輩のT君に会いました。
後輩と言っても、既に神経内科の准教授。脳卒中のスペシャリストで、今回の学会の事務局長です。
いやぁ、偉くなったもんだ。
若かりし頃の思い出話に花を咲かせつつ、ちょいと学会や教授の裏話も仕入れたりして。
おっと、これ以上は内緒です。

*****************

睡眠学会の面白い所は、参加者のバリエーションが広い所です。
例えば神経学会ではほぼ全員神経内科医ですが、睡眠学会は違います。
医師だけでも、神経内科を始め、精神科、呼吸器内科、循環器内科、耳鼻科、歯科など多くの科の医師が参加しますし、他の職種として検査技師や看護師、栄養、心理など多職種の発表がありました。

更に面白いのは企業展示。
テイジン、日本光電、フクダ電子、フィリップスなどといった、睡眠時無呼吸症候群に使う医科機械のメーカーや、グラクソ・スミスクライン、ツムラと言った製薬メーカーはいつもの顔ぶれですが、一見睡眠とは関係ないような企業も数多く出展していました。
富士フィルム(抗酸化サプリメントによる睡眠の改善)、ミズノ(マットレスによる疲労回復、快眠)、ヤマハ(音による睡眠導入)、ライオン(清酒酵母による睡眠改善)、アイシン精機(マットレスからの送風による暑熱季の睡眠環境改善)、鹿島建設(病室における、光、音、温度環境の改善)、バスクリン(清涼感のある入浴剤による暑熱季の入眠環境改善)などなど・・・。
こういう所は、褥瘡学会と似ています。
さすがに、睡眠は全人類(というか大半の動物)が関わるだけに、裾野は恐ろしく広いです。


ま、これだけ幅広い企業展示だと、中にはブースには入っているけれどあまりよく分っていない人もいたりします。少し興味を持って近づくと、思いっきり営業トークをされたり。
しくみや効能などについて、決まりきったマニュアル通りの答えなら返せるようですが、少し突っ込んだ質問をすると「??」みたいな顔をされたり。
若い人はそんな風ですが、おばちゃんは強力です。こっちの質問に対しトンチンカンな返事を返した上で、「いや、聞きたいのはそう言うことじゃなくて・・・」と言うと、「向こうで詳しい説明をしていますので」などといって強引に案内の紙を押し付けてきたり。客引きですか。


毎回出展していて、なおかついつも盛況なのが、足のマッサージ機器の会社。大体、いつも2~3社が出展していますが、ブースが空いているのを見たことがありません。いつも誰かがマッサージ機を使い、説明を聞いているような聞いていない様な。
残念ながら、今回も試すことはできませんでした。

あと、今回は寝具メーカーを見かけませんでした。結構ベッドや枕のメーカーが展示をしていることが多いのですが。

*****************

シンポジウムでは、改訂されたばかりの国際睡眠障害分類(ICSD-3)の話しや、運転関連、認知症との関連、子供の睡眠障害、無呼吸症候群関連、睡眠障害と労働災害・労務管理の話題、レム睡眠行動障害と認知症、むずむず脚症候群とパーキンソン関連疾患、オレキシン関連の研究の話題、睡眠の基礎研究の話題、不眠の認知行動療法などなど、幅広く討論されていました。

今年も色々と収穫がありました。
スポンサーサイト