知り合いの先生から招待席を譲って頂いて、生まれて初めて上げ馬神事を見てきました。

とても勇壮で、いい神事でした。

中高生ぐらいの若者が騎手に選ばれて、ずぶの素人から全力疾走できるまで、1ヶ月ほどの特訓で仕上げるのだそうです。

結果は、成功したり失敗したり色々でしたが、全力で頑張る騎手と馬の姿には感動しました。
6回の試行のうち、最後に駆け上がった地区の若者が綺麗に成功させて、最後を締めくくりました。
そのあとで、サポート役に回ったであろう20~30代と思しき先輩たちと共に、男泣きに喜んでいた姿が印象的でした。
700年も前から連綿と続いているというこの神事、本当に地域の人たちが一体となって続けているのだということがよくわかりました。

いいお祭りを見せてもらいました。

また機会があったら見に行きたいです。
スポンサーサイト