今日は、職員の結婚式に出席してきました。


年に何度か、こうしたお呼ばれがあります。
最近は、人前結婚式が当たり前になりました。参列者を証人として、結婚の約束を取り交わすと言うものです。

そして、披露宴も様々に工夫が凝らされています。
ですが、おおよその形や流れは概ね定式化されていて、
①新郎新婦入場
②主賓挨拶
③乾杯
④ケーキ入刀&ファーストバウト
⑤歓談、新郎新婦と写真撮影
⑥お色直し、その間に子供時代からこれまでの過程のビデオ
⑦再入場
⑧歓談、友人・親族からの祝辞(時に会場の客に振られる)や出し物
⑨新婦から両親への手紙
⑩新郎新婦と両家の両親の挨拶→退場
⑪挙式から披露宴の途中までを編集したビデオを流す
⑫招待客退場
とまあ、大体こんなところです。④、⑤、⑧は入れ代わったりしますが。

そして、この中でプランナーがお涙頂戴を意図するところも、大体決まっています。
分かってはいるのですが・・・・
40歳を超えてから、猛烈に涙もろくなって、予想しているのに泣いちゃうんですよね、これが。
新婦から両親への手紙なんて、30代の頃は寒くて聞いてられなかったのに・・・。

幸い、今日は「新婦の友人から新婦にあてた手紙」と言うものがなかったので、泣きポイントが一つ少なかったのですが。
これも、めちゃめちゃありがちな場面です。
新婦の親友から新婦に祝辞、それは手紙の形でなされて、「〇〇ちゃん、ご結婚おめでとう。いつも通り、△△と呼ばせてもらうね」的な感じで始まり、「・・・だったよね」が多用され、途中で涙声になり何とか終わる・・・。
もう、みんな本当に、絵に描いたように一緒なんです。
正直、「また始まった・・・・」と思うんですが、それでももらい泣きしちゃうんですよね。

今日も、ダメでした。
⑥と⑨と⑪で、注文通りボロボロと。
今日などは、最初気丈に手紙を読んでいた新婦が、お母さんの手料理の話になった途端に一挙にこみあげてきたものがあったようで、「うっ」と声を詰まらせてしまって、そこでダメでした。
いや、その前に、新郎のおばさんという方が「今日はもう嬉しくて最初から泣きっぱなしで」なんて言うもんだから、もうその時点で危険水位に達してしまっていました。
一番いけなかったのは、⑪。
花嫁の父が、バージンロードを歩む顔が、嬉しそうな、照れくさそうな、寂しそうな、何とも複雑な顔で映り、新郎に引き継いで(その時は笑顔)、指輪交換などへ移っていく・・・
そこに、新婦の父親の顔がどアップで挟まれる訳です。
目に涙をいっぱいに溜め、プルプルとふるえて、懸命に涙をこらえている姿が。
こうやって思い出して書いてるだけでもう、いけません。
私に娘はいませんが、花嫁の父の気持ちを想像するだけでもう、泣けてきます。
挙式の時に花嫁の父親の後ろ姿を見るだけでぐっと来てしまいます。

2年ぐらい前には、しゃくりあげそうになってヤバかったこともあります。
親族でもない、職場の上司と言うだけの人がしゃくりあげてるなんて、どう考えても変でしょう。
さすがにこらえ切りましたが。

もっと年を取ったらどうなってしまうんでしょうか。

それでも、感動の涙と言うのは悪くないもんです。
ウェディングプランナーのあざとい演出にいささか辟易としながらも、式が終わって泣き終わった後は気分もすっきり。
泣くのって、気分が晴れるんですよね。

秋にももう1件、招待されています。
あぁまた、ぼろぼろ泣いてしまうんだろうなぁ。


よしひろくん、あやかさん、末永くお幸せに!!!
スポンサーサイト