FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチの病院はもともと、精神科単科の病院ですが、いま内科病棟を作っています。
その工事が終わりました。
多少の残工事はありますが、基本部分は完成し、後は保健所の検査を残すのみです。
ほぼ完成した新しい病棟を見ていると、「おお~・・・」と思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

思えば一昨年。
12月に駆け込みで一般病床の取得に走りました。

ご存じない方のために説明しますと、病院のベッドというのは、誰でも好きなように作れる訳ではなく、県の許可がいります。
そして、医療は政策と深く関わるので、県内全体のベッド数と言うのは、きちんと管理されています。
具体的には、2次医療圏という圏域(当院の場合は尾張西部医療圏と言い、稲沢市と一宮市で構成されています)に一般病床がいくつ、精神科病床がいくつ・・・と割り当てられていて、簡単に言うと欲しい人(病院)が手を上げてそのパイを取り合うという仕組みです。
私としては、過去の経験から、当院でも内科病棟の必要度は高く、自分が内科医と言うこともあって、どうしても内科病棟が欲しい、いつかは内科病棟を・・・と狙っていたのですが、たまたま平成27年秋に「一般病床に空きができた」という情報を得たので、獲得に動いたという訳です。

申し込みの締め切りまで時間がない中を、懇意にしている山田設計さん(稲沢市)に無理をお願いして、ほぼ1ヶ月で基本計画(大雑把な建築図面)まで形にして、提出。併せて、県の健康福祉部や保健所のご指導を仰ぎつつ、医師会長の先生方にもご挨拶に伺い、計画の説明をしたところ、幸いにも快くご理解頂くことができました。その後も色々ありましたが、概ね計画通り認められ、めでたく認可が下りました。それが平成28年の2月頃でしたでしょうか。
そこからは建築業者の選定です。

この時は、本当に不思議な縁としか言いようがない出会いで清水建設の方々と知り合うことになり、その全員が「これは」と思わせてくれる人物だったので、これはもう清水建設という会社の良さだろうと思い、清水建設にお願いすることにしました。
結果として、この勘は当たりました。本当にいい仕事をしてくれました。
こうして建築業者の選定は滞りなく済み、実施設計に入りました。実施設計に入った頃は、「本当に出来上がるんだろうか」と思ったものですが・・・・。

清水建設始め、工事関係者の皆さんのご協力もあって、工期の遅れもなく順調に進みました。
清水建設内部の検査、設計事務所の検査、消防の検査は無事終了し、本日、施主としての完了検査を終えました。
あとは保健所の検査を経て月末に引き渡しを受ける予定です。
竣工式と内覧会は10月に予定していますが、関係の皆様方にご披露するのが今からもう楽しみです。

実際の稼働は11月からの予定です。
念願だった内科的治療と、難病の方の受け入れを、いよいよ当院でも始めます。
スポンサーサイト
今年の日本神経学会の総会は、京都。
例年5月にやるのですが、今年は9月。
なぜかと言うと、世界神経学会の大会と合同開催だからです。

そうです。
今年の世界神経学会の総会は、日本が主管なのです。

会場は、京都国際会館。
そりゃあもうわんさか外国人がいます(世界大会だから当然ですが)。
セッションも英語のものが多く、ちんぷんかんぷんです。

それでも口演は無理ですが、ポスターなら字面を追えば何とか大意はつかめます。つたない英語力を駆使して、少し勉強してきました。
ランチョンセミナーは日本語のものが多かったのですが、今一つ、いつもと同じような内容ばかりで代わり映えせず。

会場で、昔懐かしい友人とも会いました。
学会の楽しみのひとつです。

3連休の最終日だったせいか、帰りの駅と新幹線は凄い混雑。
英語の発表聞いてるより疲れました。

それでも、分からないなりに刺激になります。
乗り遅れないように、しっかり勉強しなければいけません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。