上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前の週末、日本精神科病院協会(略して日精協)の「理事長等研修会」に参加してきました。医療行政に関すること、経営に関すること、その他諸々・・・新米院長としては、勉強になることばかりでした。

その席上、ある大物政治家が、今後の展望と言ったような内容で講演をされていました。
テレビで見る時、政治家の話は玉虫色でつまらないものばかりです。が、実際に話を聞いてみると、話のうまさに引き込まれ、あっという間の1時間でした。

最初の20分ぐらいは、「○○さんは気配りが上手い」「××さんは、その正反対だ、皆さんわかるでしょう?」とか・・・。中には、「自分のボスから『いいネクタイをしている』とほめられて、『誰からもらったのか忘れた』と答えたら、『それは僕だよ』と言われて冷や汗をかいた」などという失敗談も。

そうやって笑いを交えながら聴衆をぐいぐい引き込んで、残りの時間で医療行政や国家戦略の話を展開。もっとも、その政治家、現在は野党ですし、今後の政治情勢もどうなるかわからないので、展望とか言ってもあまり具体的な話ではないのですが。

ただ、その話の上手さはとても勉強になりました。院長になってからというもの、各種の集まりに議員さんが来ていることがしばしばあり、講演を聴く機会も出来たのですが・・・やはり皆さん話が上手いです。中には医師出身の方もおりますが、議員活動する中で鍛えられていくのでしょうか。
今度、朝礼のあいさつのときもあれを真似してみようか・・・等と思ったりして。

何にしろ、今や医療機関も、ただ医療だけやっていれば生きていける時代ではなく、質の高い医療と経営効率の改善の両方を求められるのだと、改めて感じた研修でした。
人事管理、労務管理、CS、リスクマネジメント、BCP、医療法、会計、税制、診療報酬体系・・・勉強すべきことが山ほどあります。

本腰入れて勉強しようと、初心者向けの本を何冊も買い込んで来ました。目下勉強中です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/10-23ab6bc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。