FC2ブログ
内科病棟がついに11月1日、本格的に稼働を開始しました。
まだまだ入院患者さんも少なく、助走段階ですが。
それでも、近隣の病院から名指しでの入院以来があったりして、滑り出しはまずまずスムーズです。


下の写真は、完成直前の頃。工事関係者らと下見を兼ねてナースステーション内で会議を持った時の様子です。

    IMG_2073A.jpg     IMG_2074A.jpg


こちらは、ベッドが入る前の病室。
    IMG_2085A.jpg


まだまだ重症患者は少なく、酸素を流してる患者さんもいなければ、モニターの音もしないので静かなもんです。
これまでの閉鎖空間に近いナースステーションから、一気に開放的なステーションに変わったので、若干の違和感を禁じ得ませんが、、今までとは異なる環境でカルテを書いているのが、とても新鮮です。
さらに、入院患者さんの治療方針を看護師に伝える時にも、話す内容がいかにも内科らしい構成になるので、内心「これこれ!この感じ」とにんまりしながら仕事をしています。

それに、今までだと入院している病棟によっては、検査を出せば出すほど病院の収入を圧迫するので、検査を出すのにも心理的に圧迫を感じながらでした。内科病棟では、必要かつ十分の検査を行えるので、より詳細な評価が可能になります。使える薬や点滴も少し高度なものになります。

こんなことを言うと、患者さんが重篤化することを望んでいるように聞こえてしまいそうですが、もちろんそんなことは決してありません。ただ、私の内科医としてのウデをより発揮できそうな環境には思っていたよりもワクワクします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/104-ba4c8f1b