上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、ストックホルムの学会に行ってきたことを書きました。今回はその第2弾。というか、余談です。

学会の合間に、スカンセンという、野外博物館・・・「館」ではなく、「園」というべきですが・・・へ行ってきました。
他の方のブログでは、わが愛知県の「明治村」に例えられていましたが・・・いや、あれを明治村に例えては、スカンセンの方が可愛そうです。基本的なコンセプトは同じかもしれないけど、規模が全然違います。

とにかく広いし、建物だけではなく庭や家畜まで、そのまま再現されているので、昔の人の暮らしぶりがリアルにわかります。

スカンセン1

家の中も、TVや映画に出てきそうな、古臭い暖炉やキチンがあって、わくわくします。係の人が昔の衣装を着て、何か色々説明していましたが、言葉の問題でパス。

他に、動物園もありました。ハイイロオオカミなどもいて、おお!かっこいい!!

ハイイロオオカミ

その辺には、野生と思しきリスなどもチョロチョロしていて、自然の森をそのまま利用しているようで、日本の動物園とは規模もコンセプトも丸っきり違います。

とどめに、園内に入ってすぐの建物。ここは、爬虫類もいる、哺乳類もいる、魚も昆虫もクモもいると言う、なんだかわけのわからない「館」なのですが・・・展示の仕方が面白いです。

まず、複数の種類の動物を大きな1つケージに入れて飼育しています。それだけでも日本の動物園とは異なるのですが、こんな展示がありました。

スカンセン2

「ファラオの墓」という雰囲気なのですが、このケージにはコウモリとサソリと鼠がいました。写真には写っていませんが、ご丁寧にも指輪と腕輪が嵌められた人間の腕の骨が転がっていました。I.ジョーンズでも現れそうな雰囲気です。

別の所ではネズミ(ドブネズミ?)が、家の中を闊歩し、テーブルの上の皿から何かを貪り食っていました。

スカンセン3

この床の下には、下水管が、これも中身がわかるように半分割った形で通してあって、ネズミがこんな風に棲みついてるんだよ、ということが一目でわかります。30分かけて説明されるより、強烈にわかりやすいです。教育に配慮したエンターテインメント、とでもいうんでしょうか。

日本の動物園や水族館でも見習ってほしいものです。

時間の関係で全部は見られなかったのですが、機会があったらまた行ってみたい所です。
ストックホルムへ行かれる方には、お勧めしたい場所です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/12-8d3ed1a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。