睡眠学会は6月28日(金)で終了し、土曜日は認知行動療法の研修を受けてきました。
簡単に言えば、薬を使わず、一定の方式に基づく訓練で不眠症を治そうというものです。
有用なことはわかりましたが、現在の当院の体勢ではまだ難しそうです・・・。


さて、今回の学会は秋田での開催。
来る時は上野から秋田新幹線「こまち」で来ましたが、帰りはルートを変えました。
飛行機?いえいえ。
夜行列車です。

寝台特急「あけぼの」で帰ってきました。
いわゆるブルトレ(ブルートレイン)ですが、数年前に北斗星に乗って以来です。
久々に夜行列車に乗って、自分がやっぱり鉄ヲタの1人だと再確認しました。

**********

もともと男の子の通例で、小さい頃から乗り物系には興味を持ち、自動車以外は大体ハマっています(自動車の系統だけは、なぜかあまり興味がありません)。その中でも、電車はNゲージにハマった時期もあり、いつかはジオラマを作ってみたいなどと言う野望を抱きつつ、ずっとそのままにしています。
しかしながら、土浦に住んでいた時でも、なぜか模型屋は目ざとく見つけ、後ろ髪をひかれる思いでいながら今いち入る勇気もなく素通りしていたり、鉄博やリニア・鉄道館など行ってみたいと思いつつまだ行けてない辺り。本物の鉄ヲタには「だらしがない」「本物の愛情じゃない」等と怒られそうです。

豊川市に住んでいたころ、日本車両の工場が近くにあり、N700系の車両が初めて搬出される場面に出くわしたことがあります。あのまま待っていればマニア垂涎の場面に立ち会えたのに、悲しいかな、その時は病院で呼び出しを受けて向かう途中。帰る頃にはもうどこにもいませんでした。今でも惜しいことをしたと思っています。
こういう感覚は好きな人じゃないと、「?」でしょうね。

**********

それはともかく、普段、新幹線や山手線、常磐線などでそれほどワクワクするわけではありませんが、やはり夜行列車となると違います。早々とホームに降りて待機します。また、東北地方の駅は大きい所でもどこかうら寂しい雰囲気があり、殊に夜の静かなたたずまいが大好きです。ぱしぱし写真を撮りつつ待っていると、あけぼの号が入線してきました。顔写真(?)を撮り、いそいそと乗り込んで寝台に向かいます。

夜行列車の席から眺める外の景色は、いつもと違う感じがします。
そして、新幹線では味わえない、「がったん」という発車の感覚。
夜の闇の中を疾走するのを、薄暗い照明の中から眺めていると、何だか無性にワクワクします。

・・・てなことを書いていると、いくらスペースがあっても足りないので、この辺にしておきましょう。
「お前は何しに行ったんだ」と怒られそうですね。
はい、すみません。お察しの通り、寝台車に乗るために秋田まで行ってきました。
・・・というのは冗談ですが、あながち「全く違う」とも言い切れないのが痛い所でして。


まぁとにかく、飛行機や新幹線は便利なのですが、旅は行程が楽しいという所もあり、長い移動時間も旅情を楽しみましょうということで話をまとめます。

あれ?学会の話のはずが、いつの間にか電車の話になってしまいました。

お後がよろしいようで(^^;)ゞ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/34-dfb9d18f