寒くなってきました。

冬は脳卒中の増える季節です。

以前は、高血圧性の脳出血や脳動脈瘤によるくも膜下出血が多かったので、冬はそれらの患者さんが次々に救急車で搬送されてきます。その上に肺炎や餅の誤嚥、通院患者さんの風邪やインフルエンザ、パーキンソン病の悪化などで、冬は特に忙しい時期でした(反対に、夏場は脳梗塞のシーズンです)。

当時私が働いていた母校の大学病院では、脳出血・くも膜下出血に関しては、「手術適応のあるものは脳外科が診る、無いものは神経内科が診る」と言う申し合わせがありました。これはつまり「軽すぎて手術の不要な患者と重すぎて手術できない患者は神経内科が診る」と言うことなので、結果的に脳出血・くも膜下出血の大半を神経内科が診ている格好になっていて、鬼のように忙しかったです。おかげでいい修行になりましたが。

私が医師になりたての頃は、
「冬は脳出血が多いので、風呂場と脱衣場とトイレを温めるように指導しなさい、排便時むやみにいきんだりしないように、普段から排便コントロールも重要」などと教わりました。

こういった啓発活動が実を結んだことや、血圧のコントロールがぐっと良くなったせいもあってか、脳出血・くも膜下出血は本当に減り、近年は脳卒中の大半を脳梗塞が占めるようになりました(余談ですが、かの上杉謙信は、一説に脳卒中で死んだとも言われます)。

****************

日本の食事は塩・醤油・味噌などの使用によって、塩分が多くなりがちです。
「減塩」と言う言葉が定着して久しいですが、それでもまだ塩分の薄い食事は馴染めない方が多いようで、「病院の食事は味がない」とよく言われます。加えて、高血圧は症状がないので、痛くもかゆくもありません。塩分を控えるモチベーションを保つのが大変なのです。私も、患者さんにはよく言います。
「食事の塩分だけではありません。梅干しや漬物を頻繁に食べていませんか?刺身をどっぷりしょうゆにつけていませんか?毎食味噌汁とかじゃないでしょうね?間食に煎餅やおかき・あられなど塩気のものを食べていませんか?ラーメンの汁は残しましょう。薄味は慣れです。慣れるまでは大変ですが、慣れれば美味しく食べられます。今の時代、脳卒中でポックリ行くのは難しいです。後遺症を残したまま生き残る可能性が大です。それが嫌なら塩分を控えて下さい」

ほとんどの場合、男性は最初苦笑いしますが、だんだん強張った顔になります。

自分の足で歩いてトイレに行き、自分の口から食べる・・・そんな基本的なことを死ぬまで続けたければ、脳卒中の予防はしっかりしないといけません。
それでも一定の確率でなっちゃうんですけどね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/43-0c04ccb3