上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、PSLSの話を書きました。

これを主催した、メディカルコントロール協議会とは、救急医療体制の充実を図るために、地域の救急隊と救急病院、行政、医師会などで構成される団体です。当然、救急隊員がどっさり所属しています。
今回のPSLSに関しても、地域の救急隊員や救急外来の看護師などが関わっています。
ということで、PSLS後に行われた打ち上げには、当然そう言った面々が顔を合わせます。


救急の現場で活躍するのは、やっぱり救急救命士です。彼らの多くは、消防署員で救急車に乗務して、後に救急救命士の資格をとった人達です。つまり、消防隊員としてのキャリアを積んでいる訳で・・・当然、そう言う場面にも遭遇しています。

病院の中で患者の到着を待っている我々には想像もつかない様な厳しい現場を潜り抜けてきていて、その話は、さながら映画のワンシーンの様です。

「ボヤだと聞いて出動したのに、バックドラフトで手が付けられない状態になってた」とか、「家の中で煙が充満していて、視界ゼロの中を飛び込んだ」とか。バックドラフトなんて映画で知っただけですが、この耳で生の体験談を聞くことになるなんて、全く想像しませんでした。

火事では煙で全く見えないこともあるので、風を通すために故意にガラスを割ることもあるんだとか。
しかも、当たり前ですが、傷病者がいるかどうかの情報も不確実な情報しかないんですよね。
そんな状況下で延焼を防ぎ、いるかもしれない(いないかもしれない)傷病者を助けるために、身体を張る消防士。
目の前にいるのは、そういう男達です。
・・・カッコイイ。
飲んだくれて馬鹿騒ぎしている姿すらカッコよく思えます。


救命士の熱い語りは続きます。
「病院へ運ぼうと思ったら、救急車は別の現場に呼ばれて不在。待っても全部出払ってて来ない。仕方なく警察官に運んでくれと言ったら、『それはできない』と来やがった。「救命士の手配や病院の選定、全部俺が責任取るから、とにかく運んでくれ。人の命がかかっている」と言っても『規則上できない』みたいにぐずぐず言って埒が明かない。ところが、現場のボスみたいな人にかけあったら『よしわかった、こっちは俺が責任取るから、運ぶのはあんた達に任せた、車は貸すから早く運んでくれ』と言ってくれて助かった」
おぉっ、カッコいい!本気でドラマみたいです。

惚れてまうやろ~!・・・・・・って、チト古いか。

消防・救急の世界は、熱い男達がごろごろいます。
事実は小説より奇なり。
救急の現場には、凄いドラマがたくさん潜んでいます。
もっとも、ここには書けない話もたくさん聞きましたが。



え?「バックドラフト」って何かって?気になる方は、USJへおいで下さい。




※記事の性質上、全体の構成に影響しない範囲で救命士の話の内容に一部アレンジを加えています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/46-ebf096a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。