2014.03.19
最近、医療系のドラマが多くなりました。
ですが、私はこういうドラマはほとんど見ません。
なぜなら、あまりにもツッコミどころが多すぎて、「現実はこんなじゃない!」とイライラしてしまうことが多いからです。
TVドラマという性質上、あまりにリアリティを追求しすぎると成り立たないのはよくわかりますが、現場にいる身からするとどうしてもアラが目についてしまうのです。
初めの15分位・・・特に、導入部で流れる救急外来の場面や手術場面などは時々見たりして「おっ、良くできてるじゃん、医療監修頑張ってるな」等と思ったりしますが、反面「取材される医師たちは大変だったんだろうな」等と思ってみたり。
また、ドキュメンタリーなどでも、TVに移る映像よりも“現場にいるTVクルーの位置”が気になります。いい映像を撮りたいのはわかるのですが(彼らも仕事ですから)、位置関係からして、明らかに現場の医師や看護師の導線を塞いでいるのです。当然、カメラさんだけじゃなく音声さんや照明さん等、複数のクルーがうろうろしていると予想されるので、思わず「そこ邪魔!どけ!」などと独りで興奮したりしてしまいます。

そんな訳で、医学部の5年生以降はほとんどその系統のドラマは見ていません。
・・・なぜ5年生以降かって?4年までは臨床の現場を知らないので、むしろドラマのアラが目につかないんです。
何せ、4年までは実習があるのは基礎医学だけで、臨床系の科目は座学だけでしたから。

でも、最近は本当にリアルな場面が増えました。ま、手術前のカンファレンスなどはかなり笑える演出が入っていたりしますが。

***************

さて、そんな中で「僕のいた時間」というドラマが気になっています。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を題材にしたドラマです。

先日、初めて30分ぐらい見てみました。
三浦春馬さんが主人公の拓人を演じています。
・・・・良くやっています。

ちょっと首が下がる所とか、スプーンの握り方とか、細かい所にリアリティを追求していて、よく観察しているのが伝わってきます。ALS協会が協力しているとのことで、きっと何人もの患者さんを取材されたのでしょう。

ドラマそのものは、主人公を取り巻く人間ドラマですから、ALSはあくまでもスパイスにすぎません。
しかし、ALSを取り上げてもらえたことは良かったと思っています。

****************

このドラマでALSと言う病気を初めて知った方も多いでしょう。
正直言って、患者数が少ないがゆえに、これほど残酷な病気の知名度が低かったことを常々残念に思っていたので、少なくとも多くの人に知られるようになったことは良かったと思っています。

ALSは、神経系以外を含む、あらゆる病気の中でも最も残酷な部類・・・癌や心筋梗塞よりももっとひどい病気だと私は思っています(こんなこと言うと癌患者の当事者やご家族に怒られるかもしれませんが)。
この病気、ほんとうに恐ろしいのです。
どう恐ろしいかは、書き出すとくどくなるので次回に回します。

有名人では仏文学者の篠沢秀雄教授(クイズダービーのあの人です。分らない人はスルーして下さい)とか世界的な宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士などがALSです。

****************

これほど恐ろしい病気が、なぜ知名度が少ないか。答えは簡単、患者数が少ないからです。

国の健康政策の中で、重要な位置づけを与えられている「がん」ですが、ここはちょっと待って頂きたい。
そもそも、「がん」と一口に言っても、体のあちこちにできるものを十把一絡げにしているので、そりゃあ患者数は多くなります。さっと代表的なものを挙げただけでも、脳、甲状腺、口腔・舌、咽頭・喉頭、肺、胃、大腸(含・直腸)、肝・胆嚢、膵臓、腎、膀胱、子宮・卵巣、精巣、前立腺などなど・・・・そりゃそんだけまとめりゃ患者数も多くなるでしょうよ。
言ってみれば脳梗塞と心筋梗塞と肺塞栓と虚血性腸炎をひとくくりにするようなもので、個人的には「ちょっと反則じゃん?」という気持ちを拭えません。患者数が多いから対策をって・・・・政治家の立場も分らんではないですが、希少疾病(いわゆる難病)を多く診る神経内科医からすると、「数で決めないでくれ」と言いたくなります。

何だか癌ばかりクローズアップされるのがどうも納得いかないんですよね。ALSをはじめ、筋ジストロフィーとか再生不良性貧血とかウィルソン病とか、癌に負けないぐらい酷い病気はたくさんあるのに、依怙贔屓やんけ!と思ってしまいます。ついでに言うなら、「がん」は悪性腫瘍の中の一部でしかないので、医学的には骨肉腫とか白血病とか悪性リンパ腫とかは含まれないはずなんですが・・・その辺も不公平なんじゃないかな・・・。

癌と脳卒中と心筋梗塞だけじゃないんだよ、と言うことを世間の人にもっと知って欲しい。

そう思っていた所にこのドラマなので、少しでも知名度と注目度が上がって、国の支援体制ももっと整うと良いがな・・・・と思ったりします。

*****************

おっ、そう言えば今日は水曜日です。
またまた彼が登場します。
あー、でもあのクサい演出には思わず鳥肌が立っちゃうんだよなぁ・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/49-7e23d59b