2014.06.26 サッカーW杯
W杯、日本は0勝2敗1分で予選リーグ敗退となりました。

もともと、サッカーはあまり詳しくないのですが、素人なりに見ていて・・・
まぁ、しょうがないのかな、と言う気がしています。


ザッケローニ監督が退任を発表し、4年後に向けて後任監督の選任が始まり、試合の批評も行われています。

その内容はさておき・・・この前後の報道を見ていて感じたのは、太平洋戦争の時と同じ構図が繰り返されているな、と言うことです。

本田選手の言葉に象徴されるように、挙国一致で「史上最強」「勝てる」「優勝も夢ではない」など、戦前がら美辞麗句が踊っていました。正直、素人目線からは欧州や南米の強豪チームにはコテンパンにのされるだろうから優勝はあり得ないだろうと思っていました。
それでも、決勝トーナメントにはあわよくば残ってくれるかと期待もしたのですが・・・。


初戦の前から「勝つにはどうするか」「こうすれば勝てる」などの報道は腐るほど目にしましたが、そのどれもが彼我の実力を冷静に分析したものと言うよりも、「日本代表(もしくは●●選手)にはこういう強みがあるので、××すれば勝てる」などと言う内容が多かったと思います。それでも、専門家によっては「相手は▲▲が得意なので、日本はこれをさせてはいけない」などと冷静な分析をしていたコメンテーターもいましたが、全般的に「勝ちに行く」ことに主眼を置き過ぎ、前向きと言うよりも過度に楽観的な分析をしていたように感じます。

第2戦のギリシャ戦の直前、ある番組で「日本チームが勝つためにはどうすればいいか」という内容で放送していて、終了間際、出演者の1人が「もしここで負けたら・・・」と言いました。文脈的には勝ち点のポイント計算の流れだったので、当然そういう事も考えておかなければならないのですが、他の出演者から「ま、そんなこと言わないで、『絶対勝つんだ』と言う気持ちで、我々も応援しましょう」などと、さえぎられてしまいました。
これがすべてを象徴するような気がします。
言わんでも分る程度の勝ち点計算なのですが、ストーリーとしては当然予想していてしかるべき内容です。

もちろん、選手や監督たちはもう少し冷静だったと思いますが、国内の報道姿勢がそんな風で、親善試合や強化試合の結果を見て「日本は強い」と思い込み、すっかり勝てる気でいたのは・・・ま、分析としては幼稚と言わざるを得ないでしょう。まるでミッドウェー海戦前の図上演習みたいです。
どうも「前向き」と「楽観的」を混同し、むしろ日本に不利な条件や思惑通りに試合が運ばなかった時の対応・次善の作戦などの考察が足りなかったのではないかと思います。

国民性なんでしょうかね。

自らにとってマイナスな要素の分析や発言は忌避され、「臭いものにふた」状態においやられて冷静な議論が出来ない・・・。少なくとも、メディアは冷静さを欠いていたように思います。
小さい体格と俊敏性を活かしたパスをつなぐ攻撃サッカー・・・それはいいけど、その割に素人が見ても決定力は微妙な感じだったし。
やっぱり、個人技とチームワークと作戦・采配、とどめにメンタルがうまくかみ合わないと、W杯で決勝トーナメントに行くのは難しいんでしょうね。


考えたくない状況も、可能性として起こりうることを認め、起こってからではなく起こる前にあらかじめ予想しておく・・・。
EBMの世界で言う、worst case scenarioで考えなければ。そう言う思考回路はいつになったら定着するのでしょうか。

ともあれ、代表チームの選手・監督・スタッフの方々はお疲れさまでした。
次回にまた期待します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/54-ee9d5e84