上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の第39回日本睡眠学会学術集会は、徳島県です。

四国は初めてでしたが、それほど遠くなくてよかったです。
新神戸からレンタカーで2時間足らず。ちょっとドライブしたらもう到着です。
先般、厚生労働省が睡眠指針を改定して2014年版を発表したことも話題になっていましたが、やはりホットなのは道路交通法関係。
先日も脱法ハーブや低血糖での人身事故がありましたが、過去にてんかん発作で人を死傷させて大問題になったことを契機に、今年5月に新しい法律が施行されました。それに関する種々の話題が議論されたようです。残念ながら、電車の時間の関係でこのシンポジウムには間に合いませんでした。

その他、教育現場からは若者の夜更かしや子供のゲームに関わる睡眠時間の短縮の影響を調査した報告が結構あったようです。
面白いものでは、宇宙飛行士の眠気と作業効率の低下に関する研究がありました。

2日間の日程で学会に出た後、帰途に淡路島を経由しました。
伊弉諾・伊弉冉のふた柱の神によって直接生み出された8つの島の1つとされる淡路島(おのころ島=淡路島とする解釈もあるようで、その場合は日本で最初に生まれた島と言うことになります)。更に、種々の仕事を終えた伊弉諾の命が余生を送ったとされる(亡くなったのか?神様が?)島でもあります。
ここに、阪神・淡路大震災の震災記念館があり、震源地となった野島断層がそのまま保存されています。
災害対策の勉強を兼ねて、この震災記念館を見学してきました。
当時私は医学部の5年生で栃木県に住んでいましたから、揺れを含めて直接の体験はありません。大阪に住んでいた伯父・伯母も幸にして無事でしたし、私自身はこの震災で直接の物的・人的被害を被ってはいませんが、震災報道の記録を見ると、当時の事がありありと思い出されます。高速道路が倒れ、駅の高架がつぶれたあの様は衝撃的でした。
東日本大震災(こちらは直接経験しました)の時のこともよみがえってきます。

今夜、東海地方にも台風8号が最接近します。
当初は伊勢湾台風並みだと言われた台風8号も、とりあえずそこまでの勢いはなくなっているようです。ですが、今夜から明日にかけて県内あちこちで大雨洪水の警報が出ています。
温暖化に伴い、気象条件が厳しくなって災害のリスクも高まっているようです。
東北や茨城県では、いまだに震度4以上の地震がちょこちょこ起こっています(今日もあったようです)。

避難所での睡眠不足は、災害医療の領域ではよく知られる2次被害ですので、睡眠医学も災害と無縁ではいられません。
睡眠医療の勉強もさることながら、災害対策についても考えさせられた経験でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/55-4a18527e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。