今日は、病院で嬉しいことがありました。

登場人物のイニシャルが全部Nなので、今回は一応仮名でお送りします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年、当院の創立者でもある私の父が他界したのですが、その前に一時期当院に入院させて、治療をしていたことがありました。別に精神疾患ではなかったのですが、私の専門分野の病気であったことや、近くで看病できた方が何かと便利だったという事情もあったので。

ただ、正直なところ、当時は「元上司を看護するなんて、病棟の看護師たちはやりにくいんじゃないだろうか」と思っていました。以前に散々ど叱られた上司のおむつを替えたり食事介助したりするのが、どうなんだろうと思っていたのです。しかし、後になって「会長先生のお世話ができて良かった」と言ってくれました。その時は本当に嬉しかったものです。

さて、入院治療がひと段落して退院する際、「いつか病棟で役立つかもしれない」と、父が使わなかった衣類やおむつなど、いくつかの物を病棟に残していきました。

そして今日、ある病棟で、中田というベテラン看護師が、
「先生にどうしても見てほしいものがある」
と言って、見せてくれた物がありました。
それが、父の残していった衣類を再利用した、車いす用のシートベルトです。
それを締めていたのは、野村君という、長期入院の患者さんです。
知的障害を合併していて、とにかく不穏が強いため、なかなか隔離室から出られない重症患者です。
車いす上でも暴れるため、どうしてもシートベルトが必要なのですが、既製品のシートベルトは、腰だけのものだと彼の体動を十分に抑えきれず、かといって肩まであるシートベルトは、高くて購入できない。
中田さんは、その野村君の担当で、「何とか隔離室から出したい」という一心で、手縫いでそれを作ったのだそうです。
「大先生のを再利用しました。頑丈で手触りもいいし、とてもいいんです。手縫いで大変でした」
と笑っていました。
確かに、手触りがソフトで、そのうえなかなかしっかりしていて、既製品のシートベルトよりよほどいいんです。

病棟の看護師が、患者さんを少しでもいい環境に置きたいとの一心で、わざわざ手間をかけてそういうグッズを作ってくれたこと、父が使わなかったものを再利用してくれたことが、とても嬉しかったです。

さらに、「大変だったでしょう」と聞いた時の答えがまたいいんです。

「私がこれをしている間、他のスタッフに仕事を変わってもらったりして、迷惑をかけました。それでも何も言わずに許してくれた、病棟スタッフたちのおかげです」
そう言われた、「他のスタッフたち」は、照れくさそうにしていました。
嬉しかったので、どこかで自慢しようと思い、「それ、貰った。どっかで吹聴してくる」と宣言しておきました。
どこか講演会の場ででも自慢しようかと思っているのですが、待ちきれないので、こうしてブログに載せてしまいました。

作り話でも何でもありません。
ウチはいいスタッフに恵まれました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/85-c70c2d3d