前回は、よくある自律神経失調症の方についてお話をしました。
一般的に、「自律神経失調症」と言った場合、こちらを指します。

では、少ない方の自律神経失調症の場合はどうなのか。

これは、ほとんど神経内科医ぐらいしか知らないと思います。
自律神経そのものが侵されていく病気があります。
Shy-Drager症候群(SDS)とか、Pure Autonomic Failure(PAF)※と呼ばれる病気です。

これらの病気の場合、自律神経の機能が本当にダメになるため、起立性低血圧や便秘、発汗障害などをきたすことがあります。しかも、自律神経の機能は進行性にやられていくため、これらの症状はじわじわと悪くなり、重症化していきます。そうなると、椅子から立ち上がっただけで失神してケガをしたり、便秘から腸閉塞になったり、汗をかけなくなって体温調節がうまくいかず、熱中症になったりします。
このSDSやPAFの患者さんが、では初発・軽症の時に、先に述べたような自律神経失調症になるのかと言ったら、そうでもありません。
ですので、両者は同じ病気の軽症・重症というものではなくて別物と考えた方が良いとは思いますが、とくに病名をどうこうしようと言う動きはありません。

いずれにしろ、こういう病気で起こる「自律神経失調」は、本当に自律神経の機能がバラバラになってしまったことが、症状としても検査としても明らかになります。

「プリオン」という異常蛋白の“感染”によるとされる、致死性家族性不眠症(FFI)という病気では、眠りに落ちる機構が破綻して、何をどうやっても眠れなくなります。その結果、自律神経のバランスが本当に本当に乱れてしまい、尋常ではないほどの自律神経失調をきたし、ついには死に至ります。
本当に一睡もできないのって、想像もできないほどキツくて、脳とカラダに凄まじい負担を及ぼすんです。1週間も続けば幻覚が見えたり、訳の分からない言動が目立つようになります。
自律神経「失調」の程度が、もう次元が違うと言うレベルなんです。

こういうのが、シビアな方の自律神経失調です。口の悪い神経内科医は、よくある自律神経失調症を、「偽物の」自律神経失調症、上記のようなシビアな自律神経失調症を、「本当の」自律神経失調症と言ったりします。ま、そう言いたくなる気持ちは分かります。

ちなみに、このFFIの話をすると、「私もそれじゃないかしら。きっとそれだわ」なんて不安がるおばちゃんが多数いますが(不思議と女性の方が多いです)、ま、万が一にもそう言うことはないでしょう。FFIの発症率は、年間で100万分の1です。
日常「どうしても眠れない」「毎日一睡もできない」と言う人も多いですが、1ヶ月以上経過している人はまず大丈夫。FFIではありません。大体、本人の知らないうちに結構寝てますから。それに、本物のFFIなら、眠れないだけではなく、素人目にもヤバい状態になっていきますから。自力で日常生活を送れてる人は心配する必要はありません。

でも、よくあるタイプの自律神経失調症の患者さんって、そう言うほとんどありもしないことを心配しちゃうんですよね。殊に、最近の健康情報番組は、本当にまれなケースをあたかもよくあるケースの様に取り上げてしまうので、不安に駆られちゃうんですよね。

自律神経失調症を直す第一歩は、健康番組を見ないようにすることだと、私などは思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※一般的には、「PAF」というと「発作性心房細動」という循環器の病気の方が一般的ですが、神経内科的には上記のような病気があります。
余談ですが、私が学生~研修医の頃、「心房細動」は「af」または「Af」と記載していて、「AF」と大文字で書く場合は「心房粗動」という別の病気を指していました。最近では、心房粗動は「AFL」という記載方法となり、心房細動は「AF」が正しい記載方法となりました。
発作性心房細動の場合ですが、先日、循環器の先生は「pAF」と記載していました。この辺も、あえて記載の方法を分けたのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/95-d2aa6303