小林麻央さんが22日、亡くなりました。
連日、どの局でも報道しまくっていて、今日は追悼番組もありました。
一介のフリーアナウンサーでしたが、元々人気者だったし、成田屋・市川海老蔵の奥さんという立場もあって、如何に影響が大きかったのかを見せつけられます。
34歳という若さもそうですが、事の発端が乳癌の見逃しと言う、医師からすれば決して他人事とは思えない事態だったせいもあり、またデビューの頃からよく見ていたアナウンサーだったこともあり、注目していたんです。

骨や肺に転移し、酸素吸入のカニューレも巻いていたので、さぞかし痛かったり苦しかったりしたでしょうが・・・。
ブログの顔写真も、いかにも病人ぽくて、気の毒と言うほかありません。
それでも小さな幸せを見つけてはこまめに発信していた姿勢には脱帽です。

26日の海老蔵のブログで、勸玄君が突然泣き出した、それが「ママを失った事を必死に耐えていたんだ・・・とわかる泣き方でした」とあったのは・・・もう、痛ましいとしか言いようがありません。
母が亡くなったことを彼なりに理解し、受け止め、父を思いやって耐えていたのでしょう。
小さな子供を持つ同じ親として、切ないったらありません。
自分が病気になったらどうするかな・・・。
そんなことも考えてしまいます。


この若さで、しかも癌としても不幸な経過をたどって、小さな子供と大きな責任を背負った夫を残して死ななければならなかった悲劇に、どうしても「気の毒」「可哀想」となるのですが、それは本人の意思に反するそうです。
「病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないから」と。
なるほど、その通りです。

海老蔵も、歌舞伎界を代表するプリンスと言う重大な立場にいながら、よく支え、ここまで看病してきたものです。いやはや脱帽です。

私も、これを機に自分が病気になった時のことを考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/96-f0305ce9