海老蔵の悲痛なブログの記事が連日マスコミをにぎわせています。
こうなってくると、マスコミの方も海老蔵を含む家族の悲しみを部数や視聴率につなげようと食い物にしている感じです。
ま、海老蔵の方もブログに書くことで何とか気持ちを保っているようなので、おあいこなのかもしれませんが。

それにしても、海老蔵は気の毒ですね。
父親の先代團十郎を亡くしたと思ったら奥さんの乳癌宣告、そして死去。
何でも、先代も若いうちに両親を失っているそうで・・・・。
何か呪われてるんじゃ・・・?


ところで、海老蔵の声は、先代の團十郎そっくりになってきましたね。
映像で見てびっくりしました。
正直、個人的には海老蔵も先代團十郎も歌舞伎役者として、あまり好きではないのですが・・・。
それにしてもそっくりです。
そう言えば、中村勘九郎と七之助も、勘三郎そっくりになってきました。
さすが親子です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、麻央さんの乳癌に関しては、初期検査でグレーとされ、本人からも「生検しなくても良いのか」との質問があったにもかかわらず「経過観察で良い」との結論が出されてしまった。これが結果的に最悪の結末を招いてしまった。
診断した医師は、麻央さんのことが報道されるたびに「お前が悪い」と言われているようで、きっと針の筵の思いを味わっているでしょう。

しかしながら、これが医療ミスかと言うと、単純にそうは言いきれないと思われます。
というのも、本人がまだ授乳中であったことや、一般的な癌の経過よりも恐ろしく急速に進行したことなどから、その時点で「半年後には遠隔転移するほど悪くなる」と判断できたのか、ということになろうかと思います。
訴えれば、民事裁判でなら何らかの賠償もありえなくはないでしょうが、これ自体を「判断ミスだ」と責め立てることは、単純にはできないと思います。後からなら何とでも言えます。肝腎なのは、その時点での判断が医学的に妥当であったかどうか、です。
医学的判断として「常識的だ」となれば、結果がいかに悪くても、それは医療ミスではありません。つまり、医師は結果責任を問われないのです。
これは、「人はいつか必ず死ぬ」「年を取れば老化し、弱っていく」という動かしがたい事実と、医学・医療は生物の自然現象である「疾病」を扱うことから、どうしても限界が生じる、ということが背景にあります。
重要なのは、「その時点での判断が医学的に妥当なものであったか否か」です。それが妥当なものである限り、結果が最悪であったとしても、医師(医療)は結果の責任を問われないのです。
海老蔵や麻央さんの心情としては察するに余りありますが、学問的にはそう言うことになります。

それでも、やりばのない怒りは当該の医師に向けられるでしょうね。
通常は、患者さんとそのご家族からだけ、非難の目を向けられる訳ですが、今回の場合は日本中、いや海外からも囂々たる非難が沸き起こるでしょう。
医師としては同情しますが、そう診断した医師を責めたくなる気持ちも、わかります。

他人事ではないですね。
私も内科医である以上、似たようなケースに遭遇する可能性がないとは言い切れません。
くわばらくわばら。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suneurol.blog.fc2.com/tb.php/97-d77e721b