上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09.21 台風襲来
今年は、台風が異様に多いです。
昨日も、台風16号が襲来。
九州、四国、東海と大きな被害を出しています。
私も、定期の出張ですが、新幹線が遅れ、予定の変更を余儀なくされました。

今回は、珍しく病院の近くの川が、氾濫警戒という注意報が出ました。

ウチの病院の近辺は、いわゆるゼロメートル地帯。
標高が海抜より低いという土地柄です。
木曽・長良・揖斐という、木曽三川の流域で、昔から洪水が多発したため、堤防に囲まれた輪中地域です。
私が小学生の頃にも、膝丈(小学生の)ぐらいの洪水がありました。
まぁ現代ともなれば、洪水と言ってもその程度でしたので、いまや名古屋市内よりも堤防は頑丈だと言われています。

そんな地域ですが、土地が低いことに変わりはなく、たとえ決壊しなくても、ひとたび水があふれれば大騒動になることは目に見えています。

今日も、遠隔地からの通勤者は早めに帰宅させ、事務所でも念のため洪水被害には備えておきました。

結局は事なきを得ましたが、災害対策と言うのは備えたが来なかった、と言うのが一番です。
その分無駄なように思えますが、何事もないのが一番です。

防災と言うのは、コストをかけても災害が来なければ、結構無駄に終わります。
逆に、災害が起こるまでは何事もないので、その分、先送りしようと思えば、いつまででも先送りにできます。
日々の業務や目の前の課題に汲々としている内に、そのチャンスを逸してしまっては、結局災害が起こるまで何の手も打たないということになりかねません。

このところ、ようやく職員にもBCPの必要性が浸透し始めました。

今年の防災訓練は、いつものような地震+火災ではなく、洪水のシナリオにしてみるかな・・・。
2016.07.19 都知事選
すっかりさぼってしまい、6月は投稿なし。
ふと気づくと、7月ももう下旬になっていました。
これではいけませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このところ、急に暑くなってきました。
東海地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番です。

最近は、都知事選の報道がやたらに多くて、TVをつけるとどうしてもそっちの話が入ってきます。
首都とは言え、遠く離れた都知事選ですし、もちろん有権者でもありませんから、正直それほどの興味もなく、高見の見物です。
実質的には、小池、増田、鳥越の3氏のうちの誰かに決まるんでしょうが・・・・。

こういう時に、気楽な模様眺めというのは面白いです。
個人的に、どの候補に肩入れするというのがないので、余計に面白いのでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スター度ダッシュの速さから言って、小池さんが1歩リードという感じはします。
閣僚経験があり、以前はスキャンダルで大きく報道されたこともありましたので、知名度はそこそこ。今回の一連の騒動で一気に知名度も上がりました、ただ、組織のバックアップがないことがどうかというところですね。
この辺は、優秀な参謀がいるのか、本人が策士なのか、立ち回り方が巧くて、今のところ被害者面していられます。一方の都連は、あの「一族郎党まで処罰対象」という文書で、墓穴を掘った格好ですね。
あれで却ってカチンと来た都議は多いでしょう。
小池さんがケンカしているのは都連であって、自民党本体ではないというところが、また微妙です。
自民党本部に、何らの動きがないことも、また状況を面白くしています。
ケジメをつけるためには小池さんを除名などの処分にすべきなのでしょうが、そうすれば小池さんの、ある意味思う壺。自民党や都連としては、痛し痒しというところでしょうか。
当選すれば初の女性都知事ですが、この、女性という条件が吉と出るか凶と出るか。
それと、彼女はなんだかんだと言って、今のところ自民党所属です。
除名にでもなれば無所属という、いわばフリーになりますが、今のところ自民党の一味です。
ということは、アンチ自民からすると、いわば「同じ穴のムジナ」です。
一方では、自民党に反旗を翻した格好であり、バリバリの自民党というカラーでもありません。
アンチ自民派の動きが彼女にとってどう影響するのか。
ただ、彼女が当選した場合を考えると、議会との関係が問題視されます。
いきなり解散を持ち出すなど、ハナから喧嘩腰です。
都議会の方にもそう言わせるだけの物があるのでしょうが。
「伏魔殿」と言われる都議会と、どう渡り合っていくのか。
一部の都議からは支持されているようですが。


一方の増田さん。官僚出身で、岩手県知事や総務大臣なども務めて、経験値には文句なし。
ただ、過去の実績を見ると、「ただ経験積んだだけじゃ・・・」と言われても仕方なさそうです。
都民の税金を地方に配分したことが、都民からどう思われるでしょうね。
岩手県知事の時は、東京都の規模を縮小せよと唱えていたそうですし。
区長や議会との関係性にはあまり問題はなさそうですね。
自民党の全面バックアップも受けて、あとは知名度の問題でしょう。
それと、参院選で自民が大勝した直後です。
「あまり自民に勝たせすぎても・・・」という意識が働いても不思議ではありません。
他の2人に比べて、いろんな面でインパクトに欠けるというか・・・良くも悪くも、大人しく目立たない印象です。


鳥越さんは、知名度は抜群ですが、いかんせん高齢ですし、がんと手術を繰り返し経験しているという健康面の不安があります。
どれほど健康を強調しても、精神年齢は18歳だと息まいても(本当にそうなら、それはそれで「幼すぎる」というツッコミもできますが)、高齢というのはどうしても足枷となります。街頭演説も明らかに少ないようですし。知名度に胡坐をかいているのか、年齢や健康上の理由からそれ以上出来ないのか。
加えて、彼は常に外野から好き放題言ってきたジャーナリスト。政治も行政も経験が皆無です。
猪瀬、舛添という、いわば人気投票で決まったような人を都知事にした結果があの始末なので、有名だからということに期待して投票するということのリスクを、都民も強く感じているでしょう。
会見や報道を見ても、彼は何か一貫した政策ビジョンを持っているようには見えません。
「思い」が先行して、現実的な落とし所を探れる人物とは思えないのですが。
そもそも、野党統一候補って、単純に「反自民」で集まっただけの寄せ集め所帯じゃないですか。
しかも、国政と違って、そんなに政党ごとの違いの出ない都政で、アンチ自民で呉越同舟して、どうなんでしょうか。


いずれにしろ、政策の差はあまり見えてきません。
待機児童問題や、医療・介護・福祉問題、オリンピック、政治と金、教育など、目の前の課題は山積みです。
加えて、観光の推進と治安の悪化をどうするか、民泊問題は、エネルギー問題は、災害対策は、首都高をはじめとする膨大なインフラの補修・整備をどうするのか、東京を国際都市として(金融や航空、観光など)どう持っていくのか、テロ対策は・・・などなど、中長期のビジョンも必要だと思いますが、こちらも全く見えてきません。

個人的には、世界に完たる日本の首都のボスがファーストクラスを使うこと自体にはあまり問題を感じませんが、少数のSPを除けばあとはビジネスで十分でしょうし、税金を使うならあまり大量に連れていくのもどうかと思います。
人数を多くするならエコノミーにすべきでしょう。
お金に余裕があるだけ、細かい所での節約意識に欠けるのでしょうね。

選挙戦も佳境に入ってきました。
毎日、テレビや新聞やネット上で、色々とかまびすしいです。
はてさて、どういう結末になるでしょうか。
知り合いの先生から招待席を譲って頂いて、生まれて初めて上げ馬神事を見てきました。

とても勇壮で、いい神事でした。

中高生ぐらいの若者が騎手に選ばれて、ずぶの素人から全力疾走できるまで、1ヶ月ほどの特訓で仕上げるのだそうです。

結果は、成功したり失敗したり色々でしたが、全力で頑張る騎手と馬の姿には感動しました。
6回の試行のうち、最後に駆け上がった地区の若者が綺麗に成功させて、最後を締めくくりました。
そのあとで、サポート役に回ったであろう20~30代と思しき先輩たちと共に、男泣きに喜んでいた姿が印象的でした。
700年も前から連綿と続いているというこの神事、本当に地域の人たちが一体となって続けているのだということがよくわかりました。

いいお祭りを見せてもらいました。

また機会があったら見に行きたいです。
最近、猫がブームの様です。「ネコノミクス」と称し、経済効果は2兆円にもなるのだとか。
ペットとしての数も犬は減り続けていて、いたるところに猫グッズが。
2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日なのだそうです。
そりゃあ猫は可愛いですし、私も猫は好きですが、私は犬の方がもっともっと好きです。
別に私が戌年だからと言う訳ではありません。

ペットに関連して、よく「犬派か、猫派か」なんて話になったりします。
私は断然犬派です。
しかも、チワワだのトイプードルだのなどという、オモチャの様な小型犬はパス。
立て耳・巻き尾の日本犬(またはそれに類する外見の犬)に限ります。


日本でブームの猫に比べ、日本犬は世界中で人気です。

ハチ公のエピソードがリチャード・ギア主演で映画化されたのがブームの火付け役なんだとか。
柴犬の「まる」も三重県の観光大使になったり、写真集を出したりと大人気です。
そう言えば、TV番組のマスコットで登場した「豆助」も人気ですね。

私が子供の頃も、実家で日本犬(秋田犬ベースの雑種)を飼っていました。
以来、日本犬にぞっこんです。

犬のトレーナーをやっている人に聞いた話では、
何でも、猟犬ではやっぱり日本犬が最強なんだそうです。
というのも、洋犬は熊などにかみついても、大怪我をすると引っ込んでしまう。
自分の命が大事なんだそうです。
そこへ行くと、日本犬は一度噛みついたら致命傷を負っても放さないんだとか。
うぅむ、さすが日本犬。まるで武士の様です。

日本は人間ばかりでなく、犬までサムライなんですね。
案外、人間の方が犬から学んだ姿勢だったりして・・・。
年賀状の時期はすっかり過ぎてしまいましたが、今年は申年です。

日光東照宮には、「三猿」として「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹のサルがいます。

私は大学が栃木県だったので、紅葉の時期の風物詩として、いろは坂の渋滞を必ずTVのニュースで流していました。
渋滞になるのが分っているのに、なぜああして大挙押し寄せるのだろうと不思議に思ったものです。
そして、その渋滞している車列にサルたちが餌をねだりにやってきます。その映像も毎年のお約束でした。

そのサルですが、先日、ウチの近所の役場の支庁舎の庭にも数匹やってきていまして、木に登って枝を揺らしたり、駐輪場の屋根を走り回ったりと、やりたい放題でした。
ちょうど、役場の脇の道を散歩している柴犬と睨みあいになり、ご主人様が引っ張って連れて行きました。
犬猿の仲と言う奴です。

そう言えば、桃太郎の家来は、犬・猿・雉でした。
上手くいったんでしょうか?

桃太郎と言えば、某電話会社の「三太郎(桃太郎・金太郎・浦島太郎)」のCMシリーズが人気です。
ライバル会社のCMシリーズでは柴犬が出ていますね。

おお、猿の話から始まって、回りまわって犬の話に落ち着きました。

ところで、今回の話にオチはありません。
なぜかって?

入試の時期だからです。
頑張れ受験生諸君!・・・・お後がよろしいようで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。