2017.04.03 魔女の一撃
またサボって間隔があいてしまいました。
1ヶ月って早いですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、ちょっと腰が痛いです。
学生時代に部活で痛めて、最近は少し調子よかったのですが・・・。

2月ごろだったでしょうか、テレビで「楽腰(らくよう)」という、コルセット?サポーター?ベルト?のCMをやっていました。
ミドリ安全という会社の製品で、要するに腰を痛めないようにというサポーターらしきものなのですが・・・・CMでモチーフにされているのが、看護師でした。
なるほど確かに、看護師は腰を使いますし、よく痛めます。

さてこのCMの中で、働く看護師同士が「魔女が来るわよ」なんて話をしています。
その窓の外で、本当に魔女が看護師を狙っていて、実際、重いものを持ち上げようとした看護師の腰を魔女が杖でどつくのですが、看護師は平気。魔女は「あれっ?」
いくらやっても看護師の腰は平気。
実は、「楽腰」を巻いていた・・・
というあらすじなのですが・・・・。

私などはこれを見て「ははぁ」とピンときました。
看護師にわざわざ欧米人を使っているのも、納得がいきます。
ですが、これは、一般の方には少々分かりにくいというか、いささか説明を要すると思います。

ギックリ腰で、ギクッ!とくる、あの一瞬。本当に動けなくなるようですね。
一瞬で起こるあの痛み、あれを欧米では「魔女の一撃」と呼ぶのです。

それを踏まえると、あのCMの意味がもう少し分かります。
一撃を加えようとした魔女が、「楽腰」にそれを阻まれる、そのぐらい「楽腰」は腰にいいですよと、そう言いたいわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「魔女の一撃」に限らず、昔の人は症状名や病名に、とても文学的というか、粋な名前のつけ方をしたものです。
実際、次のようなのがあります。

●「ウンディーネの呪い」;curse of Ondine
水の妖精、ウンディーネ(オンディーヌとも)の呪いで、息ができなくなるということになぞらえて、特殊な呼吸障害にこういう名前が付きました

●「クロコダイルの涙」;tears of crocodile
ワニの涙症候群;crocodile tears syndromeとも言います。
病気や手術の後遺症で、顔面神経のつけ間違いが起き、悲しくもないのに食事中などに涙が出てしまう症状をこう言います。

●「不思議の国のアリス症候群」
本当にあるんです、こういう症候群。内容は・・・噛み砕いて説明するのが面倒なので、割愛します。

●「メデューサの頭」;caput Medusae
門脈圧亢進症状として有名な症状で、医学生でも知っていますが、最近あまりお目にかかりません。肝硬変などで、門脈の圧力が高まってしまった時に腹部に現れる模様です。

この他に、ギリシャ神話がらみで言えば、「アキレス腱」もありますね。ギリシャ神話の英雄・アキレスがこの部分を射抜かれて倒されたので、それにちなんで「アキレス腱」と名付けられたと言う・・・ま、あまり役には立たないトリビアなんですが。
でも、こう言う名前があると無味乾燥な医学も多少は面白くなりますよね。
... 続きを読む
2017.01.15 大雪です
12月はさぼってしまいました。
気が付くと1月も半ば。
何のネタで書こうか、インフルエンザでも・・・と思っていたら、ドカ雪。
これしかない!ということで。


昨夜からの雪で、我が家のあたりも34センチほど積もりました。

PIC_0390.jpg


この地域で34センチは大雪です。
いつも、1月になると雪が降るか路面が凍るかして、通勤途中の坂道と橋が大変危険なので、大体12月半ばごろにはスタッドレスを履きます。
今回も履いておいて良かったです。


愛犬の小太郎(柴・1歳11ヶ月)も嬉しそうです。
犬は喜び庭駆け回り・・・・

PIC_0392.jpg


で、こうなりました。

PIC_0391.jpg


今日が日曜日で良かった。明日の朝は凍ってるかな・・・。
2016.11.09 危機管理
... 続きを読む
2016.09.21 台風襲来
今年は、台風が異様に多いです。
昨日も、台風16号が襲来。
九州、四国、東海と大きな被害を出しています。
私も、定期の出張ですが、新幹線が遅れ、予定の変更を余儀なくされました。

今回は、珍しく病院の近くの川が、氾濫警戒という注意報が出ました。

ウチの病院の近辺は、いわゆるゼロメートル地帯。
標高が海抜より低いという土地柄です。
木曽・長良・揖斐という、木曽三川の流域で、昔から洪水が多発したため、堤防に囲まれた輪中地域です。
私が小学生の頃にも、膝丈(小学生の)ぐらいの洪水がありました。
まぁ現代ともなれば、洪水と言ってもその程度でしたので、いまや名古屋市内よりも堤防は頑丈だと言われています。

そんな地域ですが、土地が低いことに変わりはなく、たとえ決壊しなくても、ひとたび水があふれれば大騒動になることは目に見えています。

今日も、遠隔地からの通勤者は早めに帰宅させ、事務所でも念のため洪水被害には備えておきました。

結局は事なきを得ましたが、災害対策と言うのは備えたが来なかった、と言うのが一番です。
その分無駄なように思えますが、何事もないのが一番です。

防災と言うのは、コストをかけても災害が来なければ、結構無駄に終わります。
逆に、災害が起こるまでは何事もないので、その分、先送りしようと思えば、いつまででも先送りにできます。
日々の業務や目の前の課題に汲々としている内に、そのチャンスを逸してしまっては、結局災害が起こるまで何の手も打たないということになりかねません。

このところ、ようやく職員にもBCPの必要性が浸透し始めました。

今年の防災訓練は、いつものような地震+火災ではなく、洪水のシナリオにしてみるかな・・・。