考えてみると、4年前にも記事を書いていたので、ふと気づいてみると、このブログをはじめてからもう4年も経ってしまったのですね。

リオ五輪が始まりました。
工事の遅れなどいろいろ問題視されていましたが、とりあえず概ね問題なく始まったようです。

いきなりのサッカーの敗戦は、まあ折り込み済みとして。

水泳の萩野・瀬戸両選手の金・銅メダルは、良かったですね。
両者の関係には、本当にすがすがしいものを感じます。
1・2フィニッシュじゃなかったのが惜しまれます。


それにしても、体操・男子団体はすごかったですね!
予選ではミス連発、内村選手は今回も歓声に邪魔されたのか落下したし、「団体で金を取るためには、予選トップ通貨が絶対条件」という話だったので、それが4位発進ということで、正直、絶望的かと思っていたのですが。
白井選手なんて、まだ19歳。4年後の東京五輪でも主力で戦えますね。
その頃、内村選手は31歳。さすがにもう、ピークは過ぎているかもしれません。
5人並んで「君が代」を効いているシーンは、とても感動的でした。
しかも、今回の君が代が、スローテンポでいいですね。いつも速過ぎるんで。

今日のワイドショーの解説に、森末や池谷など、懐かしい顔も見られました。
池谷幸雄・直樹兄弟なんて、すごく好きだったんですよね・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

柔道部出身者としては、やっぱり柔道が気になります。
近藤選手の銅は、正直、個人的には予想通りですが、中村美里選手が銅だったのが残念。
せめて銀ぐらいまでは行くんじゃないかと思っていたのですが。
ただ、田村(谷)選手や野村、吉田・古賀、井上のような安定感はなかったので、正直な所、金はどうなんだろうと思ってはいました。
思えばあの辺りの人たちは本当に抜群の安定感でした。
テレビで見ていても「これは負けない」と思えたから、実際に対戦している相手は本当に怖かっただろうな。

73kgの大野選手は、あまり注目していなかったのですが、金が取れてよかった。
中量級はパワーとスピードのバランスがいい分、見ていて面白いのですが、その分世界のレベルも高くて、とても厳しいんで。
しかも、すごく冷静というか、感情を表に出さないところも好感でした。
礼の仕方も丁寧でしたし、勝っても飛び跳ねたりしないところが、本人も言っていたとおり、美しかったです。

個人的には、“野獣”松本選手が銅だったのは残念!
あの気迫は応援していたのですが。返されることを恐れない度胸と、どでかいスタミナを基盤とした、闘争心むき出しの超攻撃型柔道で(しかも、バランスが良くなかなか倒されない)、足技が粘っこく上手いところも好きだったし。立ってよし、寝てよしのオールラウンダーだったので、今回も期待していたのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

柔道は、もはやJUDOになって、日本が生み出した講道館柔道とはかなり違うものになってきていますが、ルール改正によって、全体的にはいい方向に向かっている気がします。
総じて、他国の選手が良く組み合うようになったので、柔道らしい柔道が見られるようになったのはいい傾向です。
それと、寝技をじっくり見るようになったのはでかいですね。
地味で、素人には分かりにくいんでしょうが、柔道の試合で寝技の時間が短いのはどうしてもいけません。審判のレベルも上がってきたのでしょう。
今のところ、妙な判定もなさそうです。
ビデオ判定の導入や、旗判定の廃止なども、結果的にはいい方向に働いているんじゃないでしょうか。
ただ、時間無制限というのは、選手にとってはあまりにも過酷な気もしますが。

足取りの禁止は、2014年から全面禁止になったので、そのルールでは今回が初めてのオリンピック。
肩車や双手刈りが消えたのは残念ですが、妙なタックルや苦し紛れのへんてこりんな技寄りと買ったんじゃないでしょうかね。
中には、流れで偶然手が相手の足に触れてしまったために、反則負けになってしまった気の毒な例もありましたが。


今日は、大野選手とともに、もっとも金に近いと言われる81㎏級の永瀬選手。
ただ、本当にオリンピックは何があるのか分かりません。
頑張ってほしいです。

あと、パラリンピックの柔道部門で夫婦で出場する、廣瀬悠・順子両選手も注目しています。
今日は、病院で嬉しいことがありました。

登場人物のイニシャルが全部Nなので、今回は一応仮名でお送りします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年、当院の創立者でもある私の父が他界したのですが、その前に一時期当院に入院させて、治療をしていたことがありました。別に精神疾患ではなかったのですが、私の専門分野の病気であったことや、近くで看病できた方が何かと便利だったという事情もあったので。

ただ、正直なところ、当時は「元上司を看護するなんて、病棟の看護師たちはやりにくいんじゃないだろうか」と思っていました。以前に散々ど叱られた上司のおむつを替えたり食事介助したりするのが、どうなんだろうと思っていたのです。しかし、後になって「会長先生のお世話ができて良かった」と言ってくれました。その時は本当に嬉しかったものです。

さて、入院治療がひと段落して退院する際、「いつか病棟で役立つかもしれない」と、父が使わなかった衣類やおむつなど、いくつかの物を病棟に残していきました。

そして今日、ある病棟で、中田というベテラン看護師が、
「先生にどうしても見てほしいものがある」
と言って、見せてくれた物がありました。
それが、父の残していった衣類を再利用した、車いす用のシートベルトです。
それを締めていたのは、野村君という、長期入院の患者さんです。
知的障害を合併していて、とにかく不穏が強いため、なかなか隔離室から出られない重症患者です。
車いす上でも暴れるため、どうしてもシートベルトが必要なのですが、既製品のシートベルトは、腰だけのものだと彼の体動を十分に抑えきれず、かといって肩まであるシートベルトは、高くて購入できない。
中田さんは、その野村君の担当で、「何とか隔離室から出したい」という一心で、手縫いでそれを作ったのだそうです。
「大先生のを再利用しました。頑丈で手触りもいいし、とてもいいんです。手縫いで大変でした」
と笑っていました。
確かに、手触りがソフトで、そのうえなかなかしっかりしていて、既製品のシートベルトよりよほどいいんです。

病棟の看護師が、患者さんを少しでもいい環境に置きたいとの一心で、わざわざ手間をかけてそういうグッズを作ってくれたこと、父が使わなかったものを再利用してくれたことが、とても嬉しかったです。

さらに、「大変だったでしょう」と聞いた時の答えがまたいいんです。

「私がこれをしている間、他のスタッフに仕事を変わってもらったりして、迷惑をかけました。それでも何も言わずに許してくれた、病棟スタッフたちのおかげです」
そう言われた、「他のスタッフたち」は、照れくさそうにしていました。
嬉しかったので、どこかで自慢しようと思い、「それ、貰った。どっかで吹聴してくる」と宣言しておきました。
どこか講演会の場ででも自慢しようかと思っているのですが、待ちきれないので、こうしてブログに載せてしまいました。

作り話でも何でもありません。
ウチはいいスタッフに恵まれました。
2016.07.19 都知事選
すっかりさぼってしまい、6月は投稿なし。
ふと気づくと、7月ももう下旬になっていました。
これではいけませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このところ、急に暑くなってきました。
東海地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番です。

最近は、都知事選の報道がやたらに多くて、TVをつけるとどうしてもそっちの話が入ってきます。
首都とは言え、遠く離れた都知事選ですし、もちろん有権者でもありませんから、正直それほどの興味もなく、高見の見物です。
実質的には、小池、増田、鳥越の3氏のうちの誰かに決まるんでしょうが・・・・。

こういう時に、気楽な模様眺めというのは面白いです。
個人的に、どの候補に肩入れするというのがないので、余計に面白いのでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スター度ダッシュの速さから言って、小池さんが1歩リードという感じはします。
閣僚経験があり、以前はスキャンダルで大きく報道されたこともありましたので、知名度はそこそこ。今回の一連の騒動で一気に知名度も上がりました、ただ、組織のバックアップがないことがどうかというところですね。
この辺は、優秀な参謀がいるのか、本人が策士なのか、立ち回り方が巧くて、今のところ被害者面していられます。一方の都連は、あの「一族郎党まで処罰対象」という文書で、墓穴を掘った格好ですね。
あれで却ってカチンと来た都議は多いでしょう。
小池さんがケンカしているのは都連であって、自民党本体ではないというところが、また微妙です。
自民党本部に、何らの動きがないことも、また状況を面白くしています。
ケジメをつけるためには小池さんを除名などの処分にすべきなのでしょうが、そうすれば小池さんの、ある意味思う壺。自民党や都連としては、痛し痒しというところでしょうか。
当選すれば初の女性都知事ですが、この、女性という条件が吉と出るか凶と出るか。
それと、彼女はなんだかんだと言って、今のところ自民党所属です。
除名にでもなれば無所属という、いわばフリーになりますが、今のところ自民党の一味です。
ということは、アンチ自民からすると、いわば「同じ穴のムジナ」です。
一方では、自民党に反旗を翻した格好であり、バリバリの自民党というカラーでもありません。
アンチ自民派の動きが彼女にとってどう影響するのか。
ただ、彼女が当選した場合を考えると、議会との関係が問題視されます。
いきなり解散を持ち出すなど、ハナから喧嘩腰です。
都議会の方にもそう言わせるだけの物があるのでしょうが。
「伏魔殿」と言われる都議会と、どう渡り合っていくのか。
一部の都議からは支持されているようですが。


一方の増田さん。官僚出身で、岩手県知事や総務大臣なども務めて、経験値には文句なし。
ただ、過去の実績を見ると、「ただ経験積んだだけじゃ・・・」と言われても仕方なさそうです。
都民の税金を地方に配分したことが、都民からどう思われるでしょうね。
岩手県知事の時は、東京都の規模を縮小せよと唱えていたそうですし。
区長や議会との関係性にはあまり問題はなさそうですね。
自民党の全面バックアップも受けて、あとは知名度の問題でしょう。
それと、参院選で自民が大勝した直後です。
「あまり自民に勝たせすぎても・・・」という意識が働いても不思議ではありません。
他の2人に比べて、いろんな面でインパクトに欠けるというか・・・良くも悪くも、大人しく目立たない印象です。


鳥越さんは、知名度は抜群ですが、いかんせん高齢ですし、がんと手術を繰り返し経験しているという健康面の不安があります。
どれほど健康を強調しても、精神年齢は18歳だと息まいても(本当にそうなら、それはそれで「幼すぎる」というツッコミもできますが)、高齢というのはどうしても足枷となります。街頭演説も明らかに少ないようですし。知名度に胡坐をかいているのか、年齢や健康上の理由からそれ以上出来ないのか。
加えて、彼は常に外野から好き放題言ってきたジャーナリスト。政治も行政も経験が皆無です。
猪瀬、舛添という、いわば人気投票で決まったような人を都知事にした結果があの始末なので、有名だからということに期待して投票するということのリスクを、都民も強く感じているでしょう。
会見や報道を見ても、彼は何か一貫した政策ビジョンを持っているようには見えません。
「思い」が先行して、現実的な落とし所を探れる人物とは思えないのですが。
そもそも、野党統一候補って、単純に「反自民」で集まっただけの寄せ集め所帯じゃないですか。
しかも、国政と違って、そんなに政党ごとの違いの出ない都政で、アンチ自民で呉越同舟して、どうなんでしょうか。


いずれにしろ、政策の差はあまり見えてきません。
待機児童問題や、医療・介護・福祉問題、オリンピック、政治と金、教育など、目の前の課題は山積みです。
加えて、観光の推進と治安の悪化をどうするか、民泊問題は、エネルギー問題は、災害対策は、首都高をはじめとする膨大なインフラの補修・整備をどうするのか、東京を国際都市として(金融や航空、観光など)どう持っていくのか、テロ対策は・・・などなど、中長期のビジョンも必要だと思いますが、こちらも全く見えてきません。

個人的には、世界に完たる日本の首都のボスがファーストクラスを使うこと自体にはあまり問題を感じませんが、少数のSPを除けばあとはビジネスで十分でしょうし、税金を使うならあまり大量に連れていくのもどうかと思います。
人数を多くするならエコノミーにすべきでしょう。
お金に余裕があるだけ、細かい所での節約意識に欠けるのでしょうね。

選挙戦も佳境に入ってきました。
毎日、テレビや新聞やネット上で、色々とかまびすしいです。
はてさて、どういう結末になるでしょうか。
知り合いの先生から招待席を譲って頂いて、生まれて初めて上げ馬神事を見てきました。

とても勇壮で、いい神事でした。

中高生ぐらいの若者が騎手に選ばれて、ずぶの素人から全力疾走できるまで、1ヶ月ほどの特訓で仕上げるのだそうです。

結果は、成功したり失敗したり色々でしたが、全力で頑張る騎手と馬の姿には感動しました。
6回の試行のうち、最後に駆け上がった地区の若者が綺麗に成功させて、最後を締めくくりました。
そのあとで、サポート役に回ったであろう20~30代と思しき先輩たちと共に、男泣きに喜んでいた姿が印象的でした。
700年も前から連綿と続いているというこの神事、本当に地域の人たちが一体となって続けているのだということがよくわかりました。

いいお祭りを見せてもらいました。

また機会があったら見に行きたいです。
2016.04.24 春本番です
気づけば、まる2ヶ月もサボってしまっていました。
その間、世間では色々な動きがあったので、書こうと思えばネタはいくらでもあったはずなのですが・・・。
忙しさにかまけて、ついサボってしまいました。

今日はこれと言ってそう重要な用事もなく、7時に起きて2度寝した後、9時半ごろから昼過ぎにかけて、ちょいと外出。
その後帰ってきて庭をいじっていたら・・・なんと!
縁側の下にトンボがいました。
羽化したばかりで、まだ羽が伸びきっていません。

トンボの羽化

こんな所でも羽化するんですね。

春本番。
桜も終わり、これから新緑の季節に向けて、庭の緑がどんどん濃くなってきています。。
病院の近くでも、トノサマガエルやアマガエルが鳴き始めました。
自宅では、少し離れた田んぼや森から、アオガエルの鳴き声も聞こえてきます。
小さい頃から、夏はカエルの大合唱の中で寝ていました。
というか、うるさくて眠れないほどカエルが鳴いていました。
そのせいか、カエルの合唱にはある種の郷愁を感じます。

これから梅雨・夏に向かって、どんどん暑くなっていきます。